2017年11月19日 (日)

ステマへの嫌悪

紅白歌合戦の出場者で知らない名前があるのは今時珍しくもなく、知っているから人気があるかといえば必ずしもそうともいえない。
TWICEの名前は知っているけど「ステマで売り出している」ということで記憶しているのが知っている理由。
主に日テレがプッシュしていると思っていたけど、NHKよ、お前もか。

TWICE押しをステマだと認識したのは日テレのZIP!で取り上げた時。
一部で流行しているものをピックアップして紹介するコーナーだったけど、やたらと時間を掛けていることに違和感を覚えたところ、その後、Twitterでサクラを募集していたという報道が出てやっぱりねと思った。
先日、同じくZIPで今の高校生は即興で踊れるという話題を取り上げた時も、他は曲名だけでアーティスト名は出なかったのにTWICEだけ曲名とアーティスト名を出していて、これも不自然だった。
数曲流した中で一曲だけ歌手名を出すなどというやり方をして気づかないと思うなんて視聴者を馬鹿にしている。

韓流及びK-POPも好きじゃないけど、それ以上に嫌いなのがステマという手法。
気づかれないように巧妙にやるならまだしも、稚拙なやり方だと本当にイラッとする。
バレるようなやり方をするくらいなら、正々堂々とゴリ押しするほうがマシ。
そして、稚拙なステマ手法を使うのがなぜか韓流とK-POPだけだという。
売るという目的よりもステマという手法を使うことが目的なんじゃないかと思うくらいです。

ステルスマーケティングという手法が嫌いな人が少なからずいて、燻っている嫌悪や怒りが充満するとフジテレビのようなことになると思うのだけど、テレビ局はまだ懲りていないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«マイナスポジティブシンキング