« 功名が辻と国盗り物語 | トップページ | 年末年始のドラマ »

2005年12月26日 (月)

N響アワーに実相寺監督が出演

映画「鏡地獄」の音楽の使い方がとても印象的で良かったのだけど、実相寺監督ってクラシックに造詣の深い人だったのですね・・・って、「乱歩地獄」のパンフレットに「オペラを演出」って書いてあるし。
司会の池辺晋一郎とも一緒に映画の仕事をしているということで、実相寺監督は音楽を映像に合わせるのではなく、音楽はそのまま切らずに使うという逸話が興味深かった。
なんだかヴィスコンティみたいだなー、と。映画監督でオペラを演出、というのも共通点ですが。

「鏡地獄」で使われたピアノ編曲の「タイスの瞑想曲」と「鏡の歌」が気に入って、まずは「乱歩地獄」のサントラを購入したのだけど、そのうちにオーケストラ版も聴きたくなって「タイス」全曲を買ってしまいました。
最初は全曲を買うつもりはなくて「鏡の歌」が入ったハイライト集を探したのだけれども、これがなくて。
全曲入りを購入後に「ベスト・オペラ100」が発売され、その中に「鏡の歌」が収録されているのを知った時はちょっとショックでした。
といっても、全曲にしか収録されていない、瞑想曲の旋律にのせて唄う最後の二重唱がとても美しくて良かったので、結果的には買って良かったんだけど。
「タイス」は、ハイライト集どころか全曲入りのCDも二種類しか見つからなかったので、CDを探す過程で、「鏡地獄」がかなりマニアックな選曲だったことを実感しました。
「瞑想曲」だけは有名だし、たくさんの演奏が録音されているけれど、それ以外の曲はあまり知られていないようです。

「乱歩地獄」は他の話が精神的にきつかったので一度しか観ていないけれど、「鏡地獄」を観たことが「タイス」を聴くきっかけになり、自分の世界を一つ広げることができたので、私にとって「良い映画」です。

-----+-----+-----+-----+-----
NHKを民営化しろという話も出ているようだけど、不祥事に対する怒りは怒りとして、民営化には不賛成。
なんだかんだとNHKには「N響アワー」をはじめ教養番組が充実しているし、民営化で受信料を払わなくてよくなったとしても、番組内容がスポンサーの意向に左右されたり、ドラマがCMでぶつ切りになったりしては、あまりにも代償が大きすぎる。
今は、お金さえ出せばCSとかケーブルテレビで自分の見たいと思うコンテンツを選択できるけど、自分が選択したものだけだと興味のあることを深めることはできても、幅が広がらなくなってしまうと思う。
他に見るものがないと教育テレビに合わせる習慣があって、そういう時に意外と掘り出し物の番組に出くわしたりすることもあるので、内容の公共性とコンテンツの質を保つためなら受信料は惜しくないと思っている。
だからって、そういう視聴者の気持ちに甘えたりつけこまれては困るけど。

実相寺監督は「鏡地獄」で成宮寛貴を相当気に入ったそうだけど、成宮君のどういうところがこの人の「若者像を覆す」と思わせたのか、ちょっと知りたい気がする。

|

« 功名が辻と国盗り物語 | トップページ | 年末年始のドラマ »

つぶやき」カテゴリの記事

映画よもやま話」カテゴリの記事

音楽(Classic)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/7849578

この記事へのトラックバック一覧です: N響アワーに実相寺監督が出演:

« 功名が辻と国盗り物語 | トップページ | 年末年始のドラマ »