« ミスキャストっていうか | トップページ | 「功名が辻」と「一豊の妻」 »

2006年1月17日 (火)

三谷幸喜day

引き続き録画しておいたドラマを消化視聴。
「新選組!!~土方歳三最期の一日」と「古畑任三郎FINAL第一夜」を観ました。
・・・そういえば、どちらも三谷幸喜だったのですね。

「組!!」は、土方がフランス式の近代戦術を理解していたことを示す場面がなかったのが残念だけど、そのためには本格的な戦闘シーンを撮らなくてはならないから、まあしかたがないかなと思った。
榎本との会話で土方が合理主義者であることを語ってくれたので、まずは満足。
武士道とか散華を象徴するような一生を送りながら、合理的な考えの持ち主でもあったのが、土方歳三の興味深い点だと思っているので、五稜郭までやるのなら、そこは是非描いてほしいところだった。
司馬遼太郎の「燃えよ剣」も、新選組時代よりも新選組瓦解~五稜郭までを描いた北征編のほうが好きだったりするし。

「古畑任三郎」は、イチローの第二夜、松嶋菜々子の第三夜も観たけど、この第一夜が一番面白かったと思う。
横溝正史のパロディだけど、よくぞやってくれました、という感じ。吉田日出子の唄う手毬唄の「あへあへあへあへ」には大爆笑してしまった。
アガサ・クリスティに「おしどり探偵」という古典ミステリーをパロディにした短編集(創元社では「二人で探偵を」)があるけど、この手のパロディは大好きです。(ちなみにブラウン神父、隅の老人、ソーンダイク博士を読むきっかけがこれでした。)

藤原竜也は個性が強すぎて役柄が限定されるけど、こういう雰囲気のドラマには本当に合う。江戸川乱歩モノにも合いそう。本家の「八つ墓村」にも出演していましたね。
成宮君と役や演技のイメージが重なるところがあるけれど、こういう役を演じるうえでの微妙なテクニックは藤原竜也に一日の長があるかもしれないと思ったりした。WOWOWで見た「天保十二年のシェイクスピア」も良かったし。
ただし、あくまでも高いレベルでの比較の話だし、「こういう役は」ということですが。
成宮君は「現代的な役」が出来る(というか得意)ことが良さであり持ち味なので、重なる部分もあるけど、全然違うタイプともいえる。

|

« ミスキャストっていうか | トップページ | 「功名が辻」と「一豊の妻」 »

ドラマ(日本)」カテゴリの記事

大河ドラマ・歴史ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三谷幸喜day:

« ミスキャストっていうか | トップページ | 「功名が辻」と「一豊の妻」 »