« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月23日 (月)

最近の歴史ドラマにおける距離感の欠如

スカパーのTBSチャンネルで再放送されていた「関が原」を見た。
オン・タイムで見た時にも面白かったと思ったものだけれど、全然色あせていなかった。
ナレーションの石坂浩二をはじめ、加藤剛(石田三成)、三船敏郎(島左近)、森繁久弥(徳川家康)、本多正信(三国連太郎)etc.と配役も豪華。
特に、森繁久弥の家康と三国連太郎の本多正信が謀をめぐらす場面、家康の打つ手が次々と決まっていく様子は、見ていてワクワクした。
関が原で東西に分かれる武将たちの動向を、どちらに肩入れすることなく描いていて、その「どちらにも肩入れしない描き方」が今見ると非常に気持ちが良いし、人物描写も立体的。
石田三成は、有能だけど時として策に溺れるし、豊臣家への忠義を忘れない信念の人だけど、理想主義過ぎて現実が見えていないところがある。
一方の徳川家康はリアリストで、政治家としては悪賢いまでの手腕を持ち、それでいて人間味もある。
もちろん、このあたりは司馬遼太郎の原作でしっかりと描かれているところなのだけど、その原作を無視して、妙な人物造型をするのが最近のドラマだから。
「関が原」にも一応、反戦というか厭戦を匂わす台詞も出てくるけど、それは物語のメインストリームとは関係のないキリシタンの青年に言わせている。

ほぼ絶賛モードなんですが、一つ不満だったのは音楽が安っぽかったなーと。主演が加藤剛ということもあって「大岡越前」みたい。

続きを読む "最近の歴史ドラマにおける距離感の欠如"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

「時の娘」的豊臣秀次

「豊臣秀次」をネットで検索してみた。
好きな役者が演じるから「功名が辻」で同情的に描くのは歓迎するけど、やったことをやってないとか、やってないことをやったことにしたりとか、史実を大幅に曲げてまで美化するのはうれしくない。
で、どういう人だったのかもう少し詳しく知りたくなって。
検索した結果、わりと同情的な記事が多いし、街を作った近江八幡では慕われていることがわかって、秀次についての認識を改めました。
ずっと「能力もないのに血縁だけで関白の位について舞い上がり、最後に地獄に落とされた人」と思っていたのですね。
でも、行政の手腕は持っていたし、武将としても無能ではなかった(らしい)。少なくとも部下の足は引っ張ってないし、小牧・長久手の敗戦は家康がうわてだったといえる。
そうやって考えていくと、これまでのイメージがオセロみたいに次々と覆っていく。
療養中の敏腕警部が残されている資料だけを元に、極悪人とされていたリチャード三世の汚名を晴らす「時の娘」という推理小説があって、その中では史実とされていたことに一つ矛盾点が見つかると、そこから芋づる式に通説が覆っていくのだけれど、豊臣秀次についてもややそんな感じ。

もともとは、原作では全然魅力のない人間として描かれている秀次の壊れっぷりや不安定さを、大河ドラマで成宮寛貴がどう演じるかに注目しようと思っていたのだけど、考えていたのとは違った楽しみ方になるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

「功名が辻」と「一豊の妻」

年末年始、帰省した際に実家で司馬遼太郎の「功名が辻」を読んできた。読んできたというのは、これは手元になかったし、買うほどに好きな作品ではないので。
で、注目の(私にとってはね)豊臣秀次の悪評については、側室がとんでもなく多かったこと、公家が日記に書いた悪口以外の史料は出てこず、噂、伝聞レベルの話として描かれていた。
なので、大河ドラマでもここはどんどん創作してもらってかまわない。

実家には永井路子の「一豊の妻」もあったのだけど、千代と一豊の描き方が「功名が辻」とは180度違っていて面白かった。
「一豊の妻」では、千代は伝えられているような賢妻ではなく、ただのおしゃべり&でしゃばりで、一豊がそれをうまく出世に利用した、という設定になっていて、こういう見方もあり得るかなと思う。
永井路子って、小説はちょっとケレンというか臭みがあるけど、歴史の解釈は目の付け所が面白いし、納得できることが多い。女性の捉え方が女流作家にしては女臭くないのも好きなところです。
小説の文体などは司馬遼太郎のほうが断然好みなのだけど。

「功名が辻」、「一豊の妻」ともに、千代はさほどに好感を持てるキャラクターではないので、これも原作から離れて自由に創作しても良いと思うけれど、「戦は嫌でござりまする」といわせるのはいい加減やめにしてもらいたい。
自由でいいといっても、戦国時代の価値観からかけ離れてよいわけじゃないし、だいいちくどい。
それと2人の出会いの話もちょっと創りすぎ。ここは原作どおりで良かったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月17日 (火)

三谷幸喜day

引き続き録画しておいたドラマを消化視聴。
「新選組!!~土方歳三最期の一日」と「古畑任三郎FINAL第一夜」を観ました。
・・・そういえば、どちらも三谷幸喜だったのですね。

「組!!」は、土方がフランス式の近代戦術を理解していたことを示す場面がなかったのが残念だけど、そのためには本格的な戦闘シーンを撮らなくてはならないから、まあしかたがないかなと思った。
榎本との会話で土方が合理主義者であることを語ってくれたので、まずは満足。
武士道とか散華を象徴するような一生を送りながら、合理的な考えの持ち主でもあったのが、土方歳三の興味深い点だと思っているので、五稜郭までやるのなら、そこは是非描いてほしいところだった。
司馬遼太郎の「燃えよ剣」も、新選組時代よりも新選組瓦解~五稜郭までを描いた北征編のほうが好きだったりするし。

「古畑任三郎」は、イチローの第二夜、松嶋菜々子の第三夜も観たけど、この第一夜が一番面白かったと思う。
横溝正史のパロディだけど、よくぞやってくれました、という感じ。吉田日出子の唄う手毬唄の「あへあへあへあへ」には大爆笑してしまった。
アガサ・クリスティに「おしどり探偵」という古典ミステリーをパロディにした短編集(創元社では「二人で探偵を」)があるけど、この手のパロディは大好きです。(ちなみにブラウン神父、隅の老人、ソーンダイク博士を読むきっかけがこれでした。)

続きを読む "三谷幸喜day"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

ミスキャストっていうか

録画しておいた「名探偵ポワロ」4本を見ました。
全部原作を読んでいるのでストーリーは知っていて、私にとってのドラマの見所はキャストや衣装とセット、それからどんなふうに脚色したか、というあたり。

「ナイルに死す」は以前にも書いたとおり、エンディングの演出がとても秀逸。
原作の描写をそのまま使いながら、原作よりも余韻が残る終わり方。

続きを読む "ミスキャストっていうか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

感動=涙、かな

「純愛」、「感動」についての、ちょっと天邪鬼な意見です。
個人的には、映画やテレビドラマを見る時は、「泣くぞ、泣くぞ」と思いながら見るよりも、「泣くまいと思ったのに不覚にも泣いてしまった」というタナボタ的な涙のほうが好き。
そうはいっても「泣いてスッキリする」というのは精神衛生には良いことなので、ドラマに癒しやカタルシスを求める気持ちは自然なことだと思っている。
ただ、最近、映画やドラマの感想を読んでいて気になるのが「泣けなかったからイマイチ」と、どれだけ泣けたかで作品を評価してしまう傾向があること。

続きを読む "感動=涙、かな"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

いま、会いにゆきます(ドラマ)

ドラマ版「いま、会いにゆきます」を見ました。
思ったよりもずっと良かったです。
思ったより、というのは、放送期間中にTV情報誌のあらすじを読んだり、ちらっと見て「なんだかかったるそうだな」と思った回があったりしたのだけと、DVDではそういうことがなかったので。
気合を入れて見る気になっている時とそうでない時の違いというのもあるだろうけど。

このドラマに限らないけど、本放送時は途中でCMが入ったり次の話まで一週間空いたりするので、ゆったりとした展開のドラマって、もどかしく感じたり、一話ごとの波乱にイライラすることがある。
で、実はそれが、私自身がリアルタイムではあまりドラマを見ない理由だったりもするのだけど、DVDでまとめて見るとそういうのは気にならなくなって、本放送時にもどかしかった展開ゆえに深みを感じることもあったりする。

出演者はみんな良かったけど、特に主役の若い2人は良かったですね。贔屓目抜きで、といわせてもらおう。

続きを読む "いま、会いにゆきます(ドラマ)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

復讐の女神

夏に見逃してしまった「名探偵ポワロ」がBS2で再放送されます。
 「ナイルに死す」   1月 9日(月)深夜【火曜午前】1:00~2:39
 「杉の柩(ひつぎ)」 1月10日(火)深夜【水曜午前】0:30~2:04
 「五匹の子豚」    1月11日(水)深夜【木曜午前】0:30~2:04
 「ホロー荘の殺人」  1月12日(木)深夜【金曜午前】0:30~2:04

「ナイルに死す」については心に残るラストシーンだったので感想を書いたけど、台風のため録画した大部分が砂の嵐だった。
今回再放送される4本は、アガサ・クリスティの中でも特に人間の描写がこまやかで好きな作品ばかり。
その中でも「杉の柩」と「五匹の子豚」は特に好きで何度も読み返している。

ところで、アガサ・クリスティでなんとなく思い浮かんだことを書いてみる。
放送される作品とは関係なく、おまけにミス・マープルものですが。
「復讐の女神」と「スリーピング・マーダー」についてですが、これから読まれる予定のかたはネタバレになるかもしれません。ご注意を。

続きを読む "復讐の女神"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

年末年始のドラマ

ところで年末年始のドラマについて(なんだかテレビの話題ばかりな気もしますが)。

年末に放送されたドラマでは、NHKの「名探偵 赤冨士鷹」が面白かったです。
アガサ・クリスティの原作を昭和初期の日本に翻案したものだけど、去年放送されたアニメよりも原作の持つ雰囲気は良く出ていたと思う。
「ゴルフ場殺人事件」を脚色した第二話の「愛しのサンドリヨン」は特に良かった。
原作はクリスティの小説の中では読み返す頻度が低い話なのだけど、ドラマは原作よりも良かったと思う。ドラマ映えしたっていうんだろうか。
主人公の赤冨士鷹役の伊東四郎も味があったけど、如月役(原作のヘイスティングス)の塚本高史と彼が恋する吹石一恵が初々しくて魅力的だった。
塚本高史は意外とアンティークな雰囲気にマッチしていたので見直してしまいました。
顔立ちはもともと端整なのだけど、「木更津キャッツアイ」のアニ、「Stand up!」の久米直也(マンホールから登場)のイメージが強かったので。

年が明けて、1月3日の夜は、NHK「新選組!!土方歳三最期の一日」、TBS「八犬伝」の後編、フジテレビ「古畑任三郎」が重なっため、見逃したくない土方歳三、古畑を録画、リアルタイムでは「八犬伝」を選択。(自分がこうだから、視聴率ってあんまり信用できないんだな)

で、「八犬伝」なのですが、録画してまで見ようとは思わなかったけど、だいたいのところは楽しめました。

続きを読む "年末年始のドラマ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »