« 「西遊記」と「魔界転生」のこと | トップページ | 馬の装具をつけた騾馬 »

2006年2月 3日 (金)

顔文字について思うこと

興味の範囲が広がると、いままで見なかったblogとか掲示板を見るようになるものだけど、このところ、顔文字多用で文章もコギャル系なので女子高生が書いているのかな?と思った書き込みや記事に、よくみると「ダンナ」とか「子供」という単語があって、「あれ?」と思ったら主婦が書いたものだった、ということが幾度かありました
顔文字については、多用しすぎると文章できちんと表現できなくなりそうで使用を控えるようになったけれど、以前はよく使ったものだし、ニュアンスを伝えるのには便利なツールだと思う。
今でも(^_^)(^_^;)あたりなら使うし、某掲示板の力作AAを見るのは好き。
ここ数年来にメールやインターネットを始めた友人は、わりと顔文字を多用しているから、最初はどうしても使いたくなる魅力があるのかもしれない。
そういえばネットを始めたばかりの頃は、"パソコン通信「暗黙のご了解」事典"を読んでマナーのお勉強をしたこともあった。今思えば懐かしい・・・。

ただ、顔文字多用はともかく、「コギャル系文章を書く主婦」の存在は正直「想定外」でした。
主婦といっても年齢の幅は広いし、それだけパソコン及びインターネットのユーザーが広がったということなのだろうけども、ちょっと複雑。

|

« 「西遊記」と「魔界転生」のこと | トップページ | 馬の装具をつけた騾馬 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔文字について思うこと:

« 「西遊記」と「魔界転生」のこと | トップページ | 馬の装具をつけた騾馬 »