« パリ散策 | トップページ | パリの掟~ビストロ・カフェ編 »

2006年6月16日 (金)

ルーアン

パリ以外では日帰りでルーアン、シャルトル、ヴェルサイユに足を延ばしました。

ルーアンの街角で面白いものを発見。
Shimotsuma_rouen
なぜルーアンに深田恭子が???と思ったけれど、どうやらカンヌのジュニア向け部門(でいいのか?)でグランプリを獲った「下妻物語」が近く劇場公開されるため、その宣伝用にポスターが張ってあったらしく、その後パリでも「下妻物語」のポスターを見かけました。
「下妻物語」は面白い映画だけど、フランスの人たちにどんなふうに受け取られるのか興味深い。
ちなみにルーアンはノルマンディに位置する街でジャンヌ・ダルクが火刑に処せられた街でゴシック様式の大聖堂があり、街には地下鉄もあって結構都会。
Rouen_tour
ここで大聖堂を、列車の窓からはアルジャントゥイユを見て、オルセー美術館ではルーアンの大聖堂を描いたモネの連作を鑑賞と、ちょっとしたモネ・ツアーになった。
ただし、アルジャントゥイユはすっかり工業化されて絵の面影はなかったけれど。
ノルマンディは前に行ったシチリアとマルタとも縁が浅からぬ場所(シチリアはノルマン出身の王家に支配されていたことがあるし、マルタの首都ヴァレッタを建設したのもノルマン人)なので、そういう意味でも楽しかった。

|

« パリ散策 | トップページ | パリの掟~ビストロ・カフェ編 »

旅行(フランス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーアン:

« パリ散策 | トップページ | パリの掟~ビストロ・カフェ編 »