« 功名が辻・第29回「家康おそるべし」 | トップページ | リバティーン »

2006年7月25日 (火)

新しいツール、新しい世界

またデジタルカメラを買ってしまった・・・。
LUMIXのLC7を購入以来、LUMIXシリーズ3台目のTZ1。

昔は「心が一番のアルバム」なんて粋がったりして、旅先で写真を撮ることには否定的で、メガピクセルのカメラ付き携帯が出た時は「これでデジカメを買わなくてもいい」と思った。
備忘録用としてはあったほうが良いけれど、風景なら絵葉書や写真集のほうがきれいだから、カメラに凝る必要はないと考えていたのです。
でも、いろんなところに行くようになってみると、たとえ技術的に下手でも(ほんとに下手なんですが)自分なりに撮りたい場面やアングルで写真に残したくなってきて(メモとしてではなく)、カメラ付き携帯の機能では物足りなさを感じるようになってきた。遠景は撮れないしね。
そんな頃にたまたまパナソニックのLUMIX DMC-LC7の車内吊り広告が目について、デザインと色(きれいなセルリアン・ブルー)も良かったし、レンズはライカだし、値段も手ごろだし・・・と、とにかく気に入ったので購入を決断。
使ってみたら、これがとても使い勝手が良いし、撮った写真もカメラ付き携帯の画像とは歴然と違う。(まあ、ライカのレンズだから当然といえば当然)
そうこうしているうちにサッカーを観にいく頻度が多くなり、ズームと手ブレ防止機能の必要性を感じるようになって、同じシリーズの12倍ズームのFZ5を買いました。スタジアムではカメラ越しではなく、つい肉眼で試合を見てしまうので、これは結局「猫カメラ」になりましたが。(猫を警戒されない距離から撮るのに12倍ズームは最適です)
機能のわりに軽量でとても優秀なFZ5なのだけど、カメラケースに入れるとかさばるため、「写真を撮るぞ」という時でないとなかなか持ち歩かないのが難点。
で、気軽に持ち歩ける10倍ズームということでTZ1を購入に至ります。

道具ってもともとは目的があったり必要とするから買うわけだけど、気に入るとその道具を使いたいがために行動するようになったり、それによって新しい世界が広がることがママあって、私にとってこのLUMIXシリーズはそういう道具の一つです。

|

« 功名が辻・第29回「家康おそるべし」 | トップページ | リバティーン »

デジタルカメラ(TZ3、TZ7、TZ20、TZ70)」カテゴリの記事

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいツール、新しい世界:

« 功名が辻・第29回「家康おそるべし」 | トップページ | リバティーン »