« 古典的ミステリーとのつきあい | トップページ | 間口は広く、ハードルは高く »

2007年1月15日 (月)

奇を衒わない

去年の年末にWOWOWで放送された「魔界転生」の録画を見た。
中村橋之助・成宮寛貴主演で舞台化されたものです。
カメラのアングルが凝りすぎというか、忙しく変えすぎて落ち着かない。
もっと普通の撮り方にしてほしかった。
映画的な雰囲気を出そうとしたのかもしれないけど、逆効果だと思う。
正攻法の人間ドラマにしたところがこの舞台の良さでもあるので、歌舞伎の舞台中継みたいな感じのほうが良かったのに。
斬新ならいいってもんじゃないよなーと思う。

それから大河ドラマ「風林火山」のこと。
第一回と第二回を見た感じは、久々の正統派で重厚な大河ドラマを期待できそう。
登場人物が現代思想を語らないだけで安らかな気持ちでドラマを見られるし、キャストもストーリーも良いじゃないですか。
山本勘助が武田家に仕官する以前の話というのは、原作にはないドラマのオリジナルだけど、原作の勘助と照らし合わせても違和感がない。
今のところ、とりあえずは好印象。

第二回で勝千代(武田信玄)が元服して、俳優交代になってしまったことがとても残念。
勝千代役の池松壮亮くんは「義経」の源頼朝の少年時代、「新選組!!土方歳三 最期の一日」の市村鉄之助を演じて気になっていた人で、もっと見ていたかった。
可愛くて健気な子役・少年俳優は数いるけれど、池松壮亮くんの演技はそれだけではない、なにか深いものを感じます。
その実力を発揮できるに不足のない脚本・演出だった、というのもあるけれど。

優れた脚本を生かすかどうかは俳優にかかっているけれど、俳優が力を発揮できるかどうかもまた脚本次第。

|

« 古典的ミステリーとのつきあい | トップページ | 間口は広く、ハードルは高く »

大河ドラマ・歴史ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇を衒わない:

« 古典的ミステリーとのつきあい | トップページ | 間口は広く、ハードルは高く »