« テレプシコーラ | トップページ | パフューム~ある人殺しの物語 »

2007年2月22日 (木)

2/22発売の週刊文春より

今週号週刊文春のオシム・ジャパンの記事を読んで、あまりの記者のレベルの低さに驚きました。
スポーツライター、スポーツ紙記者のコメントに憶測をまじえただけのゴミみたいな記事ですが、一番呆れたのは記事の冒頭のこの部分。

「アイツが代表招集を断ったら男を上げるよね、と話していたんです。オシムを突っぱねて筋を通した、として大きく紙面展開しようとしていた社もあった。それだけに残念です」(スポーツ紙デスク)

アイツというのは中澤佑二のこと。
もともと文春のサッカー記事なんて選手・監督の揚げ足取りのゴシップがほとんどだけど、ここまで落ちたか、と思った。
同じゴシップ記事でも、監督や選手に直接関係したことならば、まだニュースバリューがあると思うけど、「スポーツ紙デスクがどう思ったか」って、こんなことに読者は興味ないですよ。
それを「どうだっ」とばかりに記事の冒頭に持ってくる感覚がわからない。

それでなくても、サッカー(と芸能)関係の記事で最近目につくのが、記者やライターの妙な主観。
もちろん、主観なしに文章は書けないから、主観があってあたりまえだけど、その主観のもとになっているのが「記者に対して愛想が良かったかどうか」だったりする。
実にくだらない。

週刊文春のサッカー記事というと、2002年のW杯前にもトルシエの揚げ足とりに終始して、ほとほとウンザリしたものだった。
トルシエ叩きの内容があまりにもトンチンカンで酷いので、逆にトルシエを見直す契機になったくらい。
どうも、週刊文春の記者さんはトルシエ、オシムと「知的レベルにおいて自分たちよりも上の存在」を感情的におキライと見えます。
洗練されているとは言いがたかったジーコのことはあまり叩かなかったし。
で、この「知性派監督」に対する敵意が、読者の意向を反映しているのかというと決してそうではなく、あくまでも「おじさん向けメディアの記者」の好みに過ぎないのですね。

いい加減、記者の好き嫌いにも自意識にも読者は興味を持っていない、ということを認識すべきだと思う。
そして、取材対象が記者に対して愛想が良かったとか悪かったとかもどうでもいいことです。

-----
週刊文春の連載エッセイ、「家の履歴書」はおもしろいけど。

|

« テレプシコーラ | トップページ | パフューム~ある人殺しの物語 »

メディア批判」カテゴリの記事

週刊文春」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/14018898

この記事へのトラックバック一覧です: 2/22発売の週刊文春より:

« テレプシコーラ | トップページ | パフューム~ある人殺しの物語 »