« 安藤美姫の金メダルとペルー戦 | トップページ | 情報不足は時として悪意につながる »

2007年3月26日 (月)

ロクサーヌ、色の問題、それからスタメン

全部通して見たわけではないけれど、男子ではランビエールと高橋大輔が良かった。
全日本フィギュアの時は高熱で寝込んだりしていたもので、実はエキシビションの高橋を見るのは初めて。
映画「ムーラン・ルージュ」も未見なので使用曲を聴いたのも初めてでした。
見ているうちにポリスの「ロクサーヌ」と同じ曲であることに気づいて、急いでポリス版をCDからパソコンに取り込みました。
タンゴ版も近日手に入れよう、うん。

プログラムの内容とは関係ないけれど、中野友加里のフリーのサーモンピンク、エキシビションの淡い水色と衣装の淡色系の微妙な色使いが美しかった。
逆にいつも衣装でがっかりするのは浅田真央。誰が選んでいるのかと思ってしまう。
あの黒にショッキングピンクの配色はどうなんでしょう。
カルメンってショッキングピンクですか。

女子金メダルの安藤美姫、生歌の企画は別に悪くないし、絢香はきらいじゃないけど、金メダリストの演技中にリンク以外を映すのはやめてください。
まったく。

この後の「スタメン」に安藤美姫と浅田真央が出ていて、和服姿が可愛かった。
特に安藤の白地に古典柄は好み。
それはともかく、「スタメン」の安藤美姫への質問が酷かった。
トリノのことを根掘り葉掘り聞いたり、「キム・ヨナが転んだ時はヤッターと思ったのか」とか、「キム・ヨナの点数低いのは知っていたんだろう」とか。
相手はまだ10代の女の子だということを忘れているのか。
でも、それに対する安藤美姫の受け答えが大人で、また好感度があがりました。

|

« 安藤美姫の金メダルとペルー戦 | トップページ | 情報不足は時として悪意につながる »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/14404031

この記事へのトラックバック一覧です: ロクサーヌ、色の問題、それからスタメン:

« 安藤美姫の金メダルとペルー戦 | トップページ | 情報不足は時として悪意につながる »