« マルタ島・スリーシティーズ~世界ふれあい街歩き | トップページ | 世界の絶景100選~ジブラルタル »

2007年4月 9日 (月)

近江八幡、それから造幣局の通り抜け

週末に近江八幡に行ってきました。
近江八幡は、「悲劇の関白」豊臣秀次が作った城下町で、昨年来、行きたいと思っていたところ。
京都から新快速で35分ほどで着きます。

近江八幡の見どころは、八幡城のあった八幡山を中心とした古い街並みと八幡堀。
近江八幡駅からは路線バスで10分ほどですが、私は徒歩で行きました。
生憎お天気には恵まれなかったけど、風情があって美しいところでした。
近江商人の街並み:
Akindo





桜咲く八幡堀(時代劇のロケに使われることが多い):
Hachimahbori_1







昨秋行った京都三条の瑞泉寺といい、この近江八幡といい、「殺生関白」と悪名で呼ばれた秀次の功績を長く伝えてきたことには感慨深いものがあります。

ところで、旅行に出かける前にネットで「近江八幡」をチェックしていて、気になったのが観光地区にある「CLUB HARIE」という洋菓子店。
バウムクーヘンが行列ができる人気ということで、お店に行った時には店頭販売の分は既に売り切れ。
でも、2階のティールームでバウムクーヘンと紅茶のセットを味わうことができました。
このバウムクーヘンは、軽くて柔らかくて、これまでのバウムクーヘンのイメージを覆す美味しさ。
普段、あまり食べ物を写真に撮ったりしないのですが:
Baumkuchen_1







お店を出る時は待っている人が大勢いたので、待たずに入れてとてもラッキー。
行列のできる店ってわりと懐疑的なほうだけど、ここは心から納得できてしまった。
人口六万人の街に、行列のできる店があるって、すごいことです。
梅田の阪神デパートに出店していますが、ここも完売。

翌日曜日は、阪神競馬場で桜花賞・・・の前に、大阪造幣局の通り抜けへ。
「通り抜け」という言葉のイメージから、てっきりアーチ状の桜並木を通り抜けるのだと思っていたら、さにあらず。
いろいろな種類の桜があって、一つ一つに風雅な名前がついていた。
関山、松月、妓王寺妓女桜、白妙、永源寺、南殿、衣笠、浦和etc.
どちらかというと山桜系が多かったかな。
東京では山桜というと八重を見ることが多いけど、一重の山桜が多くて、八重とはまたちがった可憐な趣がありました。
Torineke_1_1






Shirotae_1

|

« マルタ島・スリーシティーズ~世界ふれあい街歩き | トップページ | 世界の絶景100選~ジブラルタル »

大河ドラマ・歴史ドラマ」カテゴリの記事

旅行(日本)」カテゴリの記事

デジタルカメラ(TZ3、TZ7、TZ20、TZ70)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江八幡、それから造幣局の通り抜け:

« マルタ島・スリーシティーズ~世界ふれあい街歩き | トップページ | 世界の絶景100選~ジブラルタル »