« あれを感動とはいいたくない | トップページ | 普通に話せばよかったのに »

2008年1月29日 (火)

仮想空間的海外生活

現在、ニンテンドーDSの「Animal Crossing」というゲームでフランス語を学習中。
これは「おいでよ動物の森」というゲームの海外版で、お店や役場での会話、手紙など日常で使う(であろう)言い回しが出てくるので非常に勉強になります。
ただ、友だちとの会話はまだ何を言われているのかわからないことがほとんどで、心細さを感じてしまうことも。
同時進行で日本版もやっているけど(そうじゃないと操作方法がわからなかったので)、日本版の住民に比べると海外版は気難しい人(動物だけど)が多いような気がする・・・。
留学したての頃ってこんな感じなんだろうか?

始めようと思ったきっかけは、DSのフランス語学習ソフトを探していたところ、フランス在住の日本の人がこのソフトで勉強しているという情報をネットで知ったことから。
日本では海外版を入手できなかったので、フランスに旅行した際に買ってきました。
ゲーム店には海外版のドラクエやFFなどもあって、ゲームとしてはRPGのほうが好きなのでちょっと迷ったりもしたのだけど、フランス語でRPGの戦闘コマンドの表現を覚えるのはいかがなものかと初心貫徹。
なお、フランス語でプレイするにはDSの言語の設定をフランス語にします。
言語の設定が日本語のままだと英語になるので要注意。

電子辞書とインターネットの翻訳サイトに頼りながらプレイしているけど、鈴木隆行がゾルダーに在籍していた頃を思い出します。
試合のテキストライブをオランダ語→英語、フランス語→英語で見ていたっけ、と。

|

« あれを感動とはいいたくない | トップページ | 普通に話せばよかったのに »

Wii、DS、PSP、iPod、iPhone、iPadmini」カテゴリの記事

語学学習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/17898348

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想空間的海外生活:

« あれを感動とはいいたくない | トップページ | 普通に話せばよかったのに »