« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

かつて、星は輝いていた

1990年に録音された中村紘子のラフマニノフのCDを購入。
ロシアの平原と大河を思わせる、壮大にして力強く豊かな音色の非常に素晴らしい演奏です。
このCDを買おうと思い立ったのは先日放送されたN響アワーを見て。
ただし、それに感動したからではなく、むしろ「すごい」演奏だったから。
知らない音がふんだんに入って、第3楽章が終わるまで実にスリリングだった。
(パリに留学する前の“のだめ”がコンチェルトを弾いたらこんなかもしれない。)
テレビで見ていてこんなだから、指揮者の準・メルクルはさぞドキドキしていたことでしょう。
中村紘子の持ち味は日本人離れした壮大さと男性的ともいえる力強さで、この人のショパンの小曲集などは聴こうと思わないし、繊細さとか精緻さを求めたりはしない。
多少のミスタッチは覚悟の上で味わうべきピアニストだと思うけど、この演奏に関しては、技巧上の失敗が芸術性をしのいでしまったというか、芸術性が技巧上の失敗に惨敗したというか。
いっそ、これがもっとなじみの薄い曲だったら、ミスタッチを気にせずに聴くことが出来たのかもしれないけど。

なんていうか「愕然とする」演奏だったわけだけど、これでもって中村紘子というピアニストを評価するにしのびない、したくないなと思ったのです。
高みに到達したピアニストだということもまた事実だし、そういう人を一回のひどい演奏で記憶したくない。
それでネットを検索してみたら、中村紘子のラフマニノフのCDが見つかって、レビューの評価も高いし、値段も手ごろ。
これは買ってみようかなーと思ったわけです。
聴いてみて、やはり一時代を担っただけのことはあるよね、と心から納得。
N響アワーが素晴らしい演奏だったら、そこで満足してCDを買おうとは思わなかったかもしれない。

---
昔に比べてリーズナブルな価格になっていたのもCD購入のポイントの一つで、日本人演奏家のCDは、外国人演奏家に比べて価格が割高なので、買うに際してのハードルが高く、かなり強い動機が必要になる。
なので、昔、テレビで中村紘子のラフマニノフを聴いて、素晴らしかったという記憶はあったものの、CDを購入するには至らなかったのだけど、ひょんなことが買うきっかけになりました。

中村紘子が著書の中でやんわりと触れていたフジコ・ヘミングも、彼女自身のドラマ性だけでなく、音楽的に「高みに到達したことがある」ということは、その演奏から感じとれるので、必ずしも話題性だけとは思わなかったりする。
とはいえ、自分としては現在進行形で演奏を聴きたいとは思わないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

たかが芸能、されど芸能

2008年5月15日発売の週刊文春は買いませんでした・・・とわざわざ言うことでもないんだけれど、先週は大きな事件、災害が起こったのに、芸能ネタ満載なのは「総合週刊誌」としてどうなのよ、と思ったんである。
そりゃ、時事ネタについてはネタ切れの時もあるだろうし、芸能ネタも多少は混ぜなきゃいけないんだろうし、大人の事情で誌面を埋めるための記事も要るんだろう。
でも、芸能ネタがざっと数えても10件以上って「なんだこりゃ」である。
http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/shukanbunshun080522.htm


芸能・スポーツの話題は週刊文春の得意分野じゃないのは言うまでもなく、したがって、記事の内容もどこかで見た記事の引き写し・焼き直しがほとんど。
以前はそんな記事でも情報としては目新しかったし、記者にも文章力があったから、そこそこ楽しめる読み物にはなっていたけど、今は状況が違う。
同じゴシップを載せるにしても、昔はもっと気概のようなものがあったと思うのは、過去を美化しすぎだろうか。
ネットが普及した現在、わざわざ週刊誌を買う理由はといえば、政治・経済・社会の分野で起こったことについて、独自に取材して書いた記事を読みたいからです。
それから面白い連載と。
番組改編期に特集するテレビ批評も、ナンシー関くらいに読み物として面白ければいいけれど、所詮は「感想」に過ぎないわけで、今の記事のレベルならないほうがマシ。

続きを読む "たかが芸能、されど芸能"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

Wii Fit 100日目

Wii Fitを始めて今日で100日経ちました。
旅行の時や、体調によってはサボることもあるけれど、わりとマメにやっているほうではないかと思う。
数値的な目標はまったく達成できていないのだけど(トホホ)、見た目は絞れてきているので、運動しただけの効果はある、と思います。

実家にも送りつけたところ、先日帰省したら猫がWiiの画面を見つめていて、点滅したり動いたりというのが面白いらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

Talkman Euro(PSP)

このところ、PSPの「無限回廊」に夢中になっていたのだけど、このたび「Talkman Euro」を購入しました。
翻訳機として使えるほかに、ヒアリングと発音練習もできるスグレモノ。
私はフランス語が目的ですが、英語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語にも使えます。

既にニンテンドーDSを持っていたことから、DSとPSPを両方持つのもなんだよね、とDS版「旅のゆびさし会話帳」のフランス語もしくは「フランス語漬け(仮称)」が出る日を待っていたけれど、いつまでたっても出る気配はなし。
そうこうしているうちに思いがけずPSPを所有することになったので、「Talkman Euro」を手に入れることにしたのだけど、こんな素晴らしいものが2年前から出ていたなんて、買わなかった自分のバカ、である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パリの100年展~あるいは、好きやねんパリ

雨の土曜日、上野に「薬師寺展」(国立博物館)と「芸術都市パリの100年展」(東京都美術館)を観にいってきた。

「薬師寺展」は「そのうちまた薬師寺に行くこともあるだろう」と、初めはパスするつもりだったのだけど、NHKの番組で「日光菩薩と月光菩薩の背中を見ることができるらしい」と知ったので、これは見逃せないと思ったのです。
以前、「仏像展」を観にいった時、普段は前からしか見られない仏像を360度で見たらとても面白かったんですよね。
本降りの雨にもかかわらずすごい人出だったけど、特別展を見終わって本館に向かうとほとんど人がいない。
常設展示を静かに見られたのは良かったのだけど、国立博物館と西洋美術館に関しては常設展を見ないのはもったいない気がする。

そして、東京都美術館の「パリの100年展」。
こちらはついでのつもりだったのだけど、予想外に見応えがあって面白かった。
帰りにはしっかり図録を購入。
パリを描いたさまざまな風景画を見ながら「あの場所は○○だよね」と自分が行ったことのある場所を確認するのも楽しかったし、テーマに沿って集められた絵画も、ユトリロ、ルノアール、モロー、シニャックetc.と名画ぞろい。
自分の足で周り、目で見るパリはもちろん素晴らしいけど、画家の目を通したパリも味わい深いです。

やっぱパリ好きやわー(なぜ関西弁?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某准教授の暴言とcommon sense

common sense:常識的判断, 良識, 分別;共通感覚


今更ではあるけれど、ネットを騒がせた某准教授の暴言の数々について、気にしているうちに時間が過ぎてしまったのだけど、このところ「某教授を批判した人たちを批判する意見」を読んでちょっと思うところがありました。

行き過ぎたバッシング、吊るし上げはよくないというのはそのとおりで異論はないし、些細なことからブログが炎上する例も多いから、それを憂えるのはわかる。
言論の自由、学問の自由は守られるべきだと思う、もちろん。
でも、この准教授の発言に関しては、「批判への批判」はやや的外れに思える。

「1.5人」のみを取り上げて「表現の問題」としていた意見もあるけど、某准教授の場合、他の発言も・・・というか、それ以外の発言に対して憤っている人も多いと思う。
特に、亡くなられた被害者と拉致被害者に関する部分は誹謗中傷としか言いようがない。
あれを「表現の問題」とは到底いえないし、いわないでしょう。
問題なのは内容なんです。
「常識」は国によって少しずつ、もしくはガラっと違うこともあるけど、あの発言を容認する社会はさすがにないと思うし、思いたい。

続きを読む "某准教授の暴言とcommon sense"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

二重課金でしょ


iPod課金を提案へ=HDD録画も対象に-補償金制度見直しで・文化庁

 iPodなどデジタル携帯プレーヤーへの課金が議論となっていた「私的録音録画補償金制度」について、文化庁は7日までに、同プレーヤーなどを課金対象に加える見直し案をまとめた。8日の文化審議会の会合で提示する。著作権の権利者側が課金を求めてきたが、負担増となるメーカーは課金拡大に反発している。
 同庁が新たな課金対象として提案するのは、携帯プレーヤーとハードディスク駆動装置(HDD)内蔵型録画機器。補償金の根拠として、複製が可能な音楽CDからの録音、無料デジタル放送からの録画を念頭に置いている。
 ただ、これらの製品の使用方法は従来製品と異なる部分がある。例えば、携帯プレーヤーではインターネット経由で複製不可能な形式の楽曲を録音することも多い。同庁は今後、利用実態を調査して、課金額の検討を進める方針。
 プレーヤー機能付き携帯電話や、音楽、動画の複製ができるパソコンについては、録音録画以外の機能を備えた汎用的な機器であることを考慮し、提案から外した。

iPodに入れている音楽というのは、CDを購入したり、有料でダウンロードしたもので、既に代価は払っている。
(シングル曲、もしくはアルバムの中から一曲だけ聴きたい時はダウンロード、アルバムごと欲しい時はCD店で購入しています。バックアップも兼ねるから。)
iPodで聴いているというだけで、なんで二重に払わなくてはならないの。
ハードディスクへの録画についても、NHKとCSにはお金を払って視聴しているんだから、これも二重課金。
民放は無料だから払えというのなら、今後民放は見なくていいですよ。

こういうことを思いつく文化庁の役人は、自分でiPodを使って音楽を聴いたことがないんじゃないか、と思えてしまう。
自分でCDを買って、パソコンに取り込んで、iPodに入れて・・・ということをしていたら、二重課金になることはいやでもわかるし、そしたらこんなことは思いつかないだろうに。

音楽を楽しむことすらしない人たちに文化だなんだといって欲しくないよなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

ガイアの夜明け/外国人観光客を呼べ

先日見た「ガイアの夜明け/外国人観光客を呼べ」という番組が面白かった。
寿司握り体験や、旅行会社が外国人観光客向けに「オタクツアー」を企画した話も興味深かったけど、和歌山県田辺市の温泉が元英語講師のカナダ人を参謀に据えて外国人観光客を誘致する話が特に印象に残った。
ローマ字表記をするにあたって、書体や文字の大きさに気を配ったりと神経が細やかで、温泉はspringでもspaでもなく「onsen」にするように言っていたのは目からウロコだった。
旅館の人たちも、彼に相談しながら、英語で入浴の注意を作成して部屋に置いたり、朝食の生卵を食べられるかどうかを聞いたり、夕食のお品書きを作ったりと工夫をこらして、成果は上々。

自分が旅行者になった立場で考えると、観光で海外に出かける以上はその国に興味を持っていくので、食べ物は現地のものを食べたいし、食べることにしています。
ゲテモノじゃない限りは。
日本に来る外国人観光客も、「夕食にステーキ」「朝食にパンとベーコンとスクランブルエッグ」を望んでいるわけではなく、欲しいのは日本についての情報なんだろうと思う。
供されている食事の食材や調理法を書いたものを渡すのは良いアイデアだと思った。
実際、喜んでいたし。

ちなみに、私の場合、たぶん一ヶ月くらいは和食を食べなくても平気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »