« ブーリン家の姉妹 | トップページ | おめでとう&お疲れ様 »

2008年10月27日 (月)

銀盤のジゼル

いよいよフィギュアスケートのシーズン開幕。
ランビエールの引退発表は残念でした。
優雅な演技はショーでは見られるのだろうけど、真剣勝負の場で見られなくなるのはさびしい。


さて、スケート・アメリカ。
安藤美姫のSP「SAYURI」はステップの転倒以外は良かったけれど、右まぶたが腫れていたのはストレスのせい?
紺とピンクの大胆な配色の衣装は、芸妓の華やかな雰囲気をかもし出していて良かったです。
変に着物っぽいデザインが入っていなかったのも良かった。
氷上のくのいちファッションは嫌いなので。

フリーは、ネットの評判があまりに辛口だったので、録画をおそるおそる見たけれど、恐れていたほど悪くなかったので一安心。私が安心するのも変なのだけど。
新プログラムの「ジゼル」は、ジャンプ以外は滑り込みが足りない印象で、プログラムについてはなんともいえないのだけど、ジゼルの狂乱を表現した箇所などはバレエを彷彿とさせて面白かった。
ジゼル比べでは、演技自体は中野友加里のほうがまとまっていて良かったけど衣装が野暮ったいのが惜しい。
バレエの衣装をそのまま取り入れたデザインだけど、長めのスカートとトゥシューズを履いてこそ映えるデザインだし、ローザンヌなどでもそうだけど、舞台セットなしだともっさり見えてしまう。
衣装については安藤の方が冒険していて見栄えがするものの、去年のカルメンのように「好き!」という感じではなく、どうせならもっと抽象化するか、いっそ第2幕の「死の衣装」みたいな感じなら良かった。

キム・ヨナのSPの点数の高さはちょっとどうかなと思ったけど、動きの美しさ、メリハリはほんとにほれぼれしてしまう。
衣装もよかった。


スケートアメリカの安藤美姫というと、どうしても2006年の復活劇が頭にあるので、「今年も!」と期待してしまうけど、そうそううまくはいかないものです。

|

« ブーリン家の姉妹 | トップページ | おめでとう&お疲れ様 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/42933026

この記事へのトラックバック一覧です: 銀盤のジゼル:

« ブーリン家の姉妹 | トップページ | おめでとう&お疲れ様 »