« 顔が掟だ? | トップページ | 価値ある「銅」 »

2009年3月31日 (火)

策に溺れる

まったくどうでもいい話題だけど、藤原紀香と陣内智則の離婚のニュースで、藤原紀香のメディアの扱いと実態のギャップについてふと考えてしまったのは私だけではないはず。
意識の奥で感じていた違和感が、離婚劇で水面に出てきたとでもいうのか。
で、これはイメージ戦略の失敗なのではないだろうか。

宮崎あおいを「国民的女優」と呼ぶことには猛烈に抗議したくなるけど、それでも宮崎あおいが一定の評価をされ得る女優であることは認めるに吝かでなく、ただ、不釣合いな過大評価が不愉快なだけである。
自らの行動で評判を落としてはいるものの、沢尻エリカも「女優」という肩書きに異論はないです。(「間宮兄弟」を見たけど、けっこう良かった)。
でも、藤原紀香については「女優」と呼ぶことにも抵抗を感じてしまう自分がいる。

藤原紀香の「微妙さ」を漫画家のいしかわじゅんが簡潔かつ適確に言い表していた。

ずっと以前、マンガ夜話の二時間特番で、藤原紀香がアシスタントをやったことがある。
まだ売れっ子になる前、直前くらいか。
そつがなく、仕事も丁寧で、でも誰も藤原紀香を褒めなかった。
愛が無かったんだよな。
凄く綺麗に形を整えましたという仕事ぶりで、心がこもってなくて、邪魔だった。
まあそういう性格なんだろうな。

この「心がこもっていない」というの、なんだか分る気がする。
だからといって、「そつがなく、仕事も丁寧で」とあるように、藤原紀香が仕事に手を抜いたり、いい加減というのとは違う。
(世の中には、淡々とした態度を見て「気合が入っていない」と決めつける輩も多いけど、「心がこもっているかどうか」は熱血かどうかともまた違う。)
藤原紀香ほどの大物感はないけれど、同じにおいを感じるのが鈴木啓太と結婚した畑野ひろ子。
どちらもきれいだし、スタイルは良いし、仕事はソツなくこなすし、努力だってしているけど、「それがどうした?」なんである。
ある意味不幸なことだけど。


藤原紀香を女優としてはまったく認めていないけれど、もしもアガサ・クリスティの「白昼の悪魔」とか「砂に書かれた三角形」をドラマ化することがあれば、ぜひ演じてほしい役がある。
どちらにも、「誰からも美しくて魅力的だと思われているけれど、実は・・・」という重要な登場人物がいるのだけれど、その役をぜひ。

|

« 顔が掟だ? | トップページ | 価値ある「銅」 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/44512727

この記事へのトラックバック一覧です: 策に溺れる:

« 顔が掟だ? | トップページ | 価値ある「銅」 »