« 策に溺れる | トップページ | まぼろしの薩摩切子@サントリー美術館 »

2009年3月31日 (火)

価値ある「銅」

フィギュアスケート世界選手権が終了。
安藤美姫は三位。
トリノ以後、着実な努力をしていることはうかがえていたので、今季初めの成績不振はあくまでも過渡期のものだと思っていました。
とはいうものの、もどかしさを感じたことがあったのもまた正直な気持ちですが、努力の積み重ねがここにきて結実したようで、本当にうれしい。
エッジの矯正、アクの強いキャラクターへの挑戦、一転して叙情性あるプログラムと、一見遠回りをしているようで、それはすべて必要なことで正しい道のりだった。
GPFと前の四大陸選手権で四回転に挑戦したことも、気持ちの整理をつけるためには必要な過程だったのだろうし、物語的要素をこなしてきたことが、SP「SAYURI」の表現力につながったし、「オルガン」の演技にも深みを与えたと思う。


エキシビションを見て、金メダリストのキム・ヨナの演技は美しかったのだけれど、少し物足りなさも感じました。
競技で見せた表現と比べると、あまりにもあっさりしていて、ちょっと拍子抜け。
派手なプログラムである必要はないのだけれど、「試合では見せられなかった私のこれを見てほしい」といったものがあまり感じられなくて。
競技を離れてフィギュアスケートの美しさ・楽しさをアピールするという点では、過去に数多のメダリストを輩出してきた欧米及び日本の選手たちに一日の長ありだと思った。
で、これはやはりフィギュアスケートの歴史の違い、でしょう。


今回4位だった浅田真央ですが、「仮面舞踏会」は、浅田真央のプログラムの中では一番好きな曲。
ただ、浅田真央の演技を見ていると、彼女はワルツが踊られてきた背景みたいなものを考えたことがないんじゃないかと思えてしまう。
社交界であるとか、舞踏会であるとかについて、何もイメージを持たないまま演技しているように見える。
キム・ヨナに差をつけられているとしたら、この点じゃないだろうか。
ジャンプの確率が落ちているにせよ、身体能力が衰えたわけではないだろうし、今後について問われて「もっとたくさん練習して・・・」と答えていたけど、もともと練習熱心だということで、そういう問題ではないような気がする。
それよりも、今は視野を広げること、想像力を養うことのほうが大切だと思う。
それによって、技術的な問題点も明確になるんじゃないかと思うのだけど。
問題点が明確でないまま、いくら練習しても、穴のあいたバケツに水を汲むのと同じになってしまう。

|

« 策に溺れる | トップページ | まぼろしの薩摩切子@サントリー美術館 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/44512735

この記事へのトラックバック一覧です: 価値ある「銅」:

« 策に溺れる | トップページ | まぼろしの薩摩切子@サントリー美術館 »