« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月25日 (月)

伏線も大事~天地人

信長存命時代は年齢のギャップが大きくてどうなることかと思ったけれど、天下を取った後の秀吉はいい。
ここのところずっと、奇を衒いすぎだったり、熱演しすぎだったりと、妙な秀吉ばかり見せられていたので、愛嬌のある「人たらし」で、それでいてどこか「油断できないぞ」と思わせる秀吉像に、なんだかホッとしてしまう。
この頃の秀吉を火野正平で見たかったのだけど、笹野高史もなかなか。
小栗旬の石田三成も良かった。髪形以外は。

・・・と、「秀吉の罠」の回ではほんの少し期待を抱いたのに、「三成の涙」で脱力。
はなから上手い脚本とは思っておらず、自己顕示欲が鼻につかないという一点で好意的に見ていたのだけど、この回はあまりにも脚本としてダメすぎる。
「農民に慕われる兼続」を描くのなら、これまでにそういう場面を入れておけと。
これでは伏線らしきものを入れながらほとんど回収しなかった大石静と丙丁つけがたい。


ところで、脚本があまりにもダメなので配役について考えるはむなしいけれど、妻夫木聡と小栗旬は役を交換したらいいんじゃないでしょーか。
脚本のダメさを差し引いても、妻夫木聡で閻魔への手紙とか直江状のエピソード等がイメージできないし、豪傑タイプの兼続よりも正義感が強すぎて融通が効かない三成のほうが向いていると思う。
そして、舞台「カリギュラ」で矛盾を内包した若き皇帝を演じた小栗旬なら、直江兼続の破天荒な部分を出せるはず。

妻夫木聡は親近感を感じるような自然体のキャラクターを演じれば、この世代で随一といってもいいくらいだと思うけれど、常人ばなれしたメンタリティの役はいまいちだなーとあらためて思った。
「春の雪」の清顕も天性のエゴイストを演じきれずに中途半端だったし。
小栗旬、藤原竜也、成宮君は、平凡な若者を演じるとちょっと浮いてしまうこともあるけれど、感情の振幅が大きい表現や「型」で見せる演技--歌舞伎で言えば大見得を切るような演技は迫力があるので、歴史上の人物を演じるには向いていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

草燃える

時代劇専門チャンネル・大河ドラマアーカイブスで放送中の「草燃える」。
残っているのが14話というのが残念だけど、1話しかない「花神」にくらべればまだよしとしよう。

「草燃える」は会話が現代調ということも話題になったドラマで、北条政子と妹の保子との会話は「まあ、お姉さま、○○ですわー」「そうじゃないのよー、保子」と、ちょっとズレた現代劇風な趣なのだけど、北条義時は小四郎、源義経は九郎、頼朝は佐殿→御所と、身分や関係に合わせて呼び分けていることで時代の雰囲気は伝わってくる。
新宮行家とか木曽義仲の息子義高とか、官位や通称で呼ぶとわけがわからなくなりそうな登場人物は諱で呼んでいたけども。
「天地人」は、言葉遣いなどは一応時代劇らしくしようとは思っているようだけど、「信長さま」で台無し。
せめて、織田信長くらいの有名人だけでも上総介殿とか右府さまとかにしておけば、ぐっと時代の雰囲気が出ただろうに。
視聴者にあわせたというよりも、脚本家及び演出家が時代劇に疎くて、呼称によって喚起されるイメージをわかっていないからであるように思える。前からしつこく言ってますが。

なお、解説によると「草燃える」はすべての人が現代劇調で話していたわけではなく、平家や朝廷など京方の人は時代劇調、坂東の人たちは現代調の台詞にして変化をつけていたとのこと。
都育ちでありながら坂東で挙兵した頼朝はそのあたりを使い分けていて、頼朝を演じた石坂浩二はさすが、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

夏の嵐/家族の肖像

洋画★シネフィル・イマジカでルキノ・ヴィスコンティ監督の「夏の嵐」と「家族の肖像」を視聴。
録画だけして後でゆっくり見るつもりが、ついついリアルタイムでも観てしまった。
どちらも遥か昔に見た映画ですが、年を経て見るとまた感慨もひとしお。

「夏の嵐」は、以前は伯爵夫人の破滅の物語としてのみ見ていたのだけど、このたびは伯爵夫人の焦燥感が前よりじりじりと感じられるとともに、マーラー中尉にもちょっと同情してしまった。
これは大人になったということだろうか。
大尉が堕落したのは大尉自身に責任があるのだけど、でも、女が男にお金を渡すと男の堕落を促進(?)してしまうのだなーとしみじみ思ったことでした。


それから「家族の肖像」。
ヘルムート・バーガーはこの映画が一番素敵。
「地獄に墜ちた勇者ども」も「ルートヴィッヒ」も強烈に魅力的なのだけど、どちらもマルティンとルートヴィッヒ2世の容れ物という感じで、ヘルムート・バーガー個人としての魅力を感じるのは「家族の肖像」のコンラッド。

教授と若者たち(特にリエッタ)の噛み合わない会話、教授が彼らのペースに巻き込まれて少しずつ心を開いていく様子が以前見た時よりもずっと面白く感じられた。
「あー、あるよなー」っていう感じ。
久しぶりに観て、以前は背伸びしてわかったつもりになっていたことが、地に足をつけて理解できるようになった気がしたのが、ちょっとうれしかった。
昔は「なんだかわからないけどゴージャスっぽい」という感想だったのが、今は「いいなー、これ」という感じ。
教授のお金持ちぶりのリアリティとか、教授の住居の落ち着いた佇まいとモダンに改装されていく上の階との対比、生ハムやパンとワインが豊富に貯蔵してある食料室が素敵。
若き日に背伸びをしていなかったら、今こんなふうに映画を味わうことはできなかったかもしれず、背伸びも時には悪くない。背伸びしすぎはいけないけど。

友人が昨年の大河ドラマの主演女優について「下品じゃないけど品がない」と評していて、なんとなくわかるような気はしたものの、下品じゃないことと品がないことが両立することがいまいち腑に落ちていなかった。
が、「家族の肖像」を見て、よーく理解できました。
シルヴァーナ・マンガーノ演じるブルモンティ侯爵夫人は下品なのに品があってエレガント。
下品さと品があることが両立するならば、下品でないことと品がないことも両立するな、と。
ただ、これは「上品で品がある」役をこなせる人でないとできない高難度の表現だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

清志郎

RCサクセション及び忌野清志郎の音楽は、本来の好みからははずれているのに、なぜか無性に気になって、いつしか強烈に好きになってしまった。
間違いなく私の幅をちょっと広げてくれた。
はじめは尖がった歌詞やパフォーマンスに魅かれて聴き始めたけれど、今はロックのベーシックな心地よさに満ち溢れているところが好き。
清志郎とCHABOのコンビが最高で、清志郎のメインボーカルの後ろにCHABOのコーラスが聴こえるのがいい。

訃報を知ってもiPodからはまったく変らない歌声が響いてくるし、好きだった誰かが本当にいなくなってしまったという実感がなく、今はまだ、お通夜や告別式の記事や映像を通して、身近な人たちの心痛に思いを馳せている段階。
つい先日、雑誌に掲載されていた写真を見て「いつまでも若いなー」と思ったばかりのCHABOの老けこんだ顔が痛々しかった。
自分自身の喪失感として認識するようになるのは、おそらくもっと後になってのことなんだろう。


---
追記:
YouTubeで、清志郎が歌う「傘がない」を聴いたのだけど、これがすごい。
井上陽水以外で井上陽水の曲をここまで歌える人はほとんどいなくて、表現はもとよりボーカリストとしての身体能力もずばぬけた人だったんだなーと今更ながら思った。
http://www.youtube.com/watch?v=xuTyB1Swrqo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »