« お姫さま顔 | トップページ | 傘とカッパと自転車と »

2009年7月 7日 (火)

光の回廊

清原なつの「光の回廊」を読みました。
光明皇后こと安宿媛(あすかべひめ)が主人公。
光明皇后というと、とにかく美化された退屈な存在と思っていたけれど、清原なつのが描く光明子は優しくて強くて残酷で、読み応えがありました。
ところどころギャグタッチだし、あえて時代考証を無視していたりもして、でも、それでいて飛鳥~天平の馥郁たる空気は感じられる。
旋回ダンスは時代的にちょっと違う気がしたけれど、ゾロアスター教とお水取りの様式の類似は言われてみればなるほど。
それと、藤原不比等と橘三千代のさりげない会話に、永井路子の「歴史をさわがせた女たち」を思い出したりもしました。


歴史を題材にした少女マンガは、為政者の冷酷な面も描かれていたりと、奥行きのある作品が多いのに、このところ「女性脚本家」が手がけると歴史が薄っぺらく人物が平板になってしまうのはなぜ。
創作力の乏しい薄っぺらい人が脚本家を目指すのか、ドラマ制作の現場がそういう脚本家に育ててしまうのか。

|

« お姫さま顔 | トップページ | 傘とカッパと自転車と »

本棚」カテゴリの記事

歴史、歴史小説」カテゴリの記事

漫画/アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/45565004

この記事へのトラックバック一覧です: 光の回廊:

« お姫さま顔 | トップページ | 傘とカッパと自転車と »