« 坂の上の雲、龍馬伝あれこれ | トップページ | バレエ的・・・? »

2009年12月28日 (月)

五輪代表決定

全日本選手権終了

五輪代表、男子はすっきりと決まりました。
代表に決まった三選手は、それぞれの課題を残しつつ、でも先の展望はしっかりと持っている、という印象です。
GPFの時は発言に余裕が感じられなかった高橋大輔が「自分をコントロールできた」と落ち着いたコメントをしていて、足元が見えてきた感じ。

そして激戦の女子。
五輪代表が内定している安藤美姫には「思いきってジャンプに挑戦を」と思ったけれど、コンディションもあるだろうし、選手本人はいろいろと考えることがあるから、そう簡単には思いきれないのですね。
それでも新編曲を試したりと有意義ではあったようだし、怪我やアクシデントなく終えたのでまずは良かった。

スケート本来の美しさ・楽しさを見せてくれる鈴木明子が代表になったのもうれしい。
プログラムも好きだし、この人の演技には「技術的な癖がないことの強み」を感じます。
個性は大事なんだけど、技術的な癖は成長を妨げる要因になるし、「なくて七癖」だなーと思うので。

ところで、国内大会で高得点が出るのは、基本的にはかまわないと思っているのだけど、それを真に受ける選手がいることを思うと、ちょっと考えてしまう。
ご祝儀だとわかりつつ気分良くなるのはいいけれど、得点を自分の実力と勘違いすると後で痛い目に遭う。

少し前のエントリーで゛映画「タイタニック」の好きじゃない点を挙げたけど、あの選手を好きじゃない理由も同じかもしれない。
他の選手たちを見て感じるスケートの面白さ・楽しさとは違う点で評価されているように思えて、そこが「タイタニック」の架空のエピソードが女性にうけた点と共通したものを感じる。
本来の歴史の醍醐味とは違う要素で本来の大河ドラマとは違う視聴者をとりこんだ「篤姫」も同じく。

|

« 坂の上の雲、龍馬伝あれこれ | トップページ | バレエ的・・・? »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/47135509

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪代表決定:

« 坂の上の雲、龍馬伝あれこれ | トップページ | バレエ的・・・? »