« 五輪フィギュア男子シングル雑感 | トップページ | 「曲の解釈」についての疑問 »

2010年2月27日 (土)

女子シングル雑感

安藤美姫のSPレクイエムは、3-3の回転不足とPCSが伸びなかったのが残念だったけれど、全体的にまとまっていて、今までで一番良かった。
臙脂と黒の衣装も素敵だった。
フリーも今季で一番の出来で、クレオパトラの鮮やかな緑と金の衣装が黒髪と小麦色の肌に映えて美しかった。
見ているほうとしては、もっと難易度の高い技に挑戦しても良かったと思ったけど、「五輪という舞台でノーミスで滑る」ことが、今の安藤美姫には必要だったのかもしれない。
トリノの亡霊と決別するためにも。
会見等の穏やかな表情を見ると、枷になっていたものから自由になったように感じた。
ただ、演技は良かったのだけど、音楽の印象が弱かったのが惜しまれる。
やはり、もっとわかりやすい曲のほうが良かったと思う。

鈴木明子のウェストサイドストーリーも、いつにもまして音楽にのっていて素晴らしかった。
髪型をポニーテールに戻したのも良かった。

長洲未来とレイチェル・フラットは先が楽しみ。

ロシェットの精神力に脱帽。
SPもフリーも美しい滑りだった。


キム・ヨナの金メダルには異存はないけど、いくらなんでも228.56はインフレ過ぎるんではあるまいか。
採点システム、ジャンプの難易度の違いを考慮しても、トリノ五輪の荒川静香の191.34(FS125.32)よりも40点近くも上の演技には思えないのですが。
素晴らしい演技だったからこそ、「点が高すぎる」という印象を与えるような点でなかったほうが良かったのに。

|

« 五輪フィギュア男子シングル雑感 | トップページ | 「曲の解釈」についての疑問 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/47643955

この記事へのトラックバック一覧です: 女子シングル雑感:

« 五輪フィギュア男子シングル雑感 | トップページ | 「曲の解釈」についての疑問 »