« 鏡は横にひび割れて | トップページ | それが人にものを教わる態度なの(追記) »

2010年3月28日 (日)

世界選手権inトリノ

高橋大輔選手、世界選手権優勝おめでとう。
ニーノ・ロータは大好きな作曲家なのだけど、「道」はあまりに切なすぎて好きではなく、高橋のプログラムも当初はさほどに魅力を感じなかったのが、五輪からじわじわと好きになってきた。
アスリートとして4回転にこだわりつつ、でも振り回されなかったのが良かったと思う。

2位のパトリック・チャンは、スケーティングの評価が高いのは頷けるのだけど、今ひとつ胸にグッとくるものがなくて、何が足りないんだろう?
それとは逆に、3位のブライアン・ジュベールは、以前は無骨なジャンプだけのつまらない選手(失礼)だと思っていたのだけど、今はその無骨さがむしろ味になってきたように思う。

上位以外ではフェルナンデスの「パイレーツ・オブ・カリビアン」、シュルタイスの不思議世界が面白かった。
選曲では、ケビン・レイノルズのツェッペリン・メドレーもやるなーっていう感じ。


そして4位に入った安藤美姫は頑張りました。
フリーは今季で一番の出来。
スピード感があって、これまでこのプログラムにうっすらと感じてきたもどかしさを今回は感じなかった。
SP11位の結果を見て、
A.高難度ジャンプで起死回生をはかる
B.ぐっとこらえて堅実な演技
C.ぐだぐだ
の3つの選択肢があると思ったけれど、他の選手はともかくトリノで無謀な挑戦をしたことがトラウマになっている安藤にとって、今の段階でAの選択肢はあり得ない。
堅実な演技をする道を選び、それをやり遂げたことには敬意を表します。
でも、これからは状況に応じてAを選ぶことがあってもいいと思うし、それくらいトリノの呪縛から自由になっていてほしい。

フリーでは崩れてしまったけれど、長洲未来のSPはほんとに素晴らしかった。
音楽にのれる選手って大好き。

長洲未来のSPとフェルナンデスのフリーが目にも耳にも残ったので、「パイレーツ・オブ・カリビアン」をダウンロードしてしまいました。

地上波の騒ぎが煩わしいためJSportsで見ていたのだけど、カメラワークの拙さが目に余る。
スピンの足だけとか、上半身だけとか見せてどうしようっていうの。
あげくに思いっきり見切れたり。
バンクーバー五輪のカメラワークもかなり酷かったし、これまで日本の民放が下手なのかと思っていたけど、どうもNHKだけが突出して上手いのだと思えてきた。

-----
旧聞に属する話になるけれど、バンクーバー五輪のフィギュア女子シングルフリーが放送された際、職場の女性たち数人がキム・ヨナの悪口を言いまくったそうな。
言動とか性格とかの。
まあ、あの状況でライバル選手の悪口を言いたくなるのは、ある程度は人情みたいなものだとして、ちょっと奇異に思ったのが、キム・ヨナの言動は詳しく知っているのに、日本の選手の情報には疎かったこと。
日本の五輪の前後はテレビは普通に日本人選手の話題が多かったし、キム・ヨナの話題はスポーツニュース限定。
そういうニュースでは通り一遍のインタビューしか流れないのに、悪口の根拠になるような情報をどこで得たのかも謎だった。

で、悪口を言っていたというメンバーは全員韓流ファンで、うち一人はかなりディープ。
なので、これは可愛さ余って・・・というヤツなのかなとも思ったけど、竹島問題が過熱している時でさえ韓国に遊びに行く気まんまんで、韓流熱は衰えなかったのに、19歳の女の子の言動は気にさわるというのが不思議であった。
彼女たちが目くじらたてていた言動というのは、どれもアスリートらしい負けん気だとかイマドキの若い女の子にありがちなことばかりで、一人昭和の雰囲気を漂わせている某選手のほうによほど違和感を感じるのだけども。

|

« 鏡は横にひび割れて | トップページ | それが人にものを教わる態度なの(追記) »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/47939684

この記事へのトラックバック一覧です: 世界選手権inトリノ:

« 鏡は横にひび割れて | トップページ | それが人にものを教わる態度なの(追記) »