« チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 | トップページ | なにがしたいのかわからなかった・・・ »

2010年4月12日 (月)

わが家の歴史

なにしろ長いので、すべてを熱心に見たわけではないけれど、随所に三谷幸喜ならではの笑えるツボがあって楽しめた。
八女家を中心とした「フォレスト・ガンプ」のような展開になるのだろうと思ったら、八女家の人々も著名な人物たちと邂逅するけれど、波乱万丈にガンプ的役割を担っていたのは主につるちゃんで、二重構造というか、こういう描き方は好き。
大泉洋をものすごく見直してしまった。

いろいろと見落としはあるけれど、つるちゃんの他、次女の堀北真希と夫の山本耕史が良かった。
波子が阿野をド突く場面は、タイミングといい容赦のなさといい、文句なしに素晴らしい。


それと、光クラブ事件の首謀者をモデルにした役を岡田将生が演じていたけど、意外と似合っていて、当時の優秀だけどどこかアンバランスな東大生の雰囲気を醸していた。
この「意外と」というのは、昭和30年代頃までの見た目の年齢は、今の人の+10歳くらいだし、最近の若手俳優のほとんどが自分の年よりも老けた役が似合わないと思っていたので。


ところでヒロイン政子の二号さんという設定には特に必然性を感じなかった。
三谷幸喜がそのあたりの心の機微を描くのが得手な脚本家ならあっても良かったけど、あまり描けてなかったし、それならば玉の輿→夫の死後苦労する、という話でも良かったのに。
山師の父親がいたら苦労の種はいくらでもあるでしょ。
ただそうなると正妻役の天海祐希の出番がなくなって、あのスーツの着こなしが見られなくなるから、それは残念だけど。


ネットの感想を見ていたら、長澤まさみ演じる一之瀬ゆかりが再会後、再び義男の元を去ったことを訝しがる声があって、「ゼロの焦点」でも犯行動機がわからないという感想があったことを思うとさもありなんだけど、これもゆとり教育の弊害だろうか。

|

« チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 | トップページ | なにがしたいのかわからなかった・・・ »

ドラマ(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わが家の歴史:

« チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 | トップページ | なにがしたいのかわからなかった・・・ »