« ピンクにもいろいろありますね | トップページ | わが家の歴史 »

2010年4月 8日 (木)

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋

凸凹コンビのやりとりが気に入って、前作のドラマは毎回ではないけれど見ていて、今回は凸凹コンビに加えて西島秀俊が出るので、「毎週録画予約」済み。
キャッチフレーズが「謎を解け。命を救え。」ということで、どんなふうになるのかと思っていたら、キャッチフレーズにそって、ちゃんと謎を解いて命を救っていました。
大きい謎をシリーズ通して追うタイプのドラマは、先が気になって逆に楽しめないので、謎を含みつつも一話完結という海外ドラマ式の作り方は好きです。
救命救急のわりに暇そうなのは気になったけど、あまりER的演出をされても気恥ずかしいので、まあいいかと。

西島秀俊の“ジェネラル・ルージュ”速水晃一は、そこはかとなく、なにげにシニカルで傲慢で自信家でエキセントリックで、速水と白鳥の丁々発止も楽しみ。
あからさまにエキセントリックな役は西島秀俊でなくても出来るので、この「そこはかなとなく」「なにげに」がポイントである。
威厳や怖さを出そうとすれば「CASSHERN」の上条中佐も出来る人だけど。

それと、加藤あいが意外と良かった。
クール・ビューティなわりにクール・ビューティな役で見ることがあまりなかった気がするけれど、てきぱき仕事をこなして、ズケズケものを言う優秀な救急救命医役が似合っていた。


なお、映画のほうは、阿部寛は好きだけど竹内結子が苦手なので未見です。
ソツないし、うまいんですけどね。

|

« ピンクにもいろいろありますね | トップページ | わが家の歴史 »

ドラマ(日本)」カテゴリの記事

俳優(西島秀俊)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋:

« ピンクにもいろいろありますね | トップページ | わが家の歴史 »