« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月24日 (金)

シェルブールの雨傘

ムービー・プラスでデジタル・リマスター版を鑑賞。
斬新な色彩感覚のセット、衣装、ミシェル・ルグランの音楽。
「映画って映像と音で出来ているんだな」とこの映画を見るとしみじみ思う。

ストーリーは他愛もないといえば他愛もない。
見る前は漠然と戦争を背景にした悲恋モノと思っていて、「戦争に引き裂かれた2人」といえなくもないけど、実のところはちょっと違う。
ギイが徴兵されず、順調に結婚できたとしても、この2人はそんなに幸せにはなれなかったんじゃないかと思う。
ジュヌヴィエーヴが愚か過ぎて。
(追記:冒頭のデートの場面でも、ギイが具体的に将来のことを考えているのに対してジュヌヴィエーブはとりとめがなく、「ガソリンスタンドを買おう」というギイの言葉に対して「ガソリン臭いからイヤ」と答えたりと、この時点で既に2人の将来に対するビジョンは噛み合っていない。)

カラフルな映像とミシェル・ルグランの美しく洗練されたメロディでうっかり間違えそうになるけれど、ヒロインのジュヌヴィエーヴは容姿以外は長所がない。
召集令状が来たギイに「逃げよう」だの「私が隠して守ってあげる」だのと非現実的なことを言うし、ギイが出征してからも、戦地にいて苦労しているであろうギイを心配するよりも待つ身の辛さを嘆くばかりで、待っている間にギイの病気の伯母さんを訪ねることもない。
あげく「ギイはなぜ私から離れていったのかしら」って、まるでギイが自発的に彼女を捨てたかのようなことを言ったりする。
「そりゃ徴兵されたからだよ」と心の中でツッコんでしまった。
そして、お腹の中にギイの子どもがいることを承知でプロポーズしてくれたカサール氏と結婚し、シェルブールを離れる。

カサール氏との結婚は、ギイを待つことに疲れたジュヌヴィエーヴが自発的に決めたことで、母親は金持ちで大人の男性との結婚に乗り気ではあったけれど、決して強制したりはしていなかった。
妊娠して心細かっただろうけれど、ギイはジュヌヴィエーヴを捨てたわけじゃなく、戦地にいて手紙を書けなかっただけ。
それに「哀愁」のように誤って戦死の公報が届いたわけじゃないし、誰かや「運命」に仲を引き裂かれたわけでもない。
ただ、ジュヌヴィエーヴが待てなかった、それだけ。

出征から2年、戦地から戻ったギイはジュヌヴィエーヴに捨てられたことを知って一時は荒んだ生活を送るけれど、幼馴染のマドレーヌと結婚してガソリンスタンドの経営者になる。
ジュヌヴィエーヴほどの美貌ではないものの、マドレーヌは美人で可愛いだけでなく、ギイの不在の間も伯母さんの世話をしてくれたりと、忍耐強くて思いやりもあって、ギイにとっては良き伴侶。

そして数年後、ギイの経営するガソリンスタンドにジュヌヴィエーヴが立ち寄り2人は再会。
過去を吹っ切って幸せな家庭を築いたギイと、ギイへの未練を残しているジュヌヴィエーヴの対比が皮肉でほろ苦い。
まあ、ジュヌヴィエーヴが少し不幸せそうだから映画たりえているとも言えるんだけど、未練を残すくらいなら待ち続ければよかったじゃないかと思ってしまうんである。

・・・と、身も蓋もない感想になってしまうけれど、ただ、ジュヌヴィエーヴの「待てない」という気持ちは若い女の子の心情として非常にリアリティがあると思う。
理由の如何によらず、待ち続けるということに耐えられないという気持ちは「わかる」とは言いたくないけどわかる。

なお、この映画ではカトリーヌ・ドヌーヴの清楚な美しさを讃える声が多いけれど、毛皮のコートと喪服に身を包んだ人妻のいでたちのほうが好き。

どちらかといえば「世話物」の範疇に入る物語をミュージカルで見せた監督のセンスと、音楽のミシェル・ルグランに心からの賛辞を送りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

和宮様御留(ドラマ)

時代劇専門チャンネルで放送された「和宮様御留」を視聴。
お正月に放送された時に録画するのを忘れて、たいそう悔やんだ作品なので、ちゃんと見ることができてうれしい。

オープニングの時代背景の説明については、ちょっとどうかなと思う点もあったけれど、それ以外は原作の好きな場面・台詞をきちんとおさえ、雰囲気をあまさず表現している。
配役も素晴らしい。
大竹しのぶ、岡田奈々、池上季美子、永島敏行、勧行院の森光子、橋本中将の藤田まこと、藤の音羽信子、庭田嗣子の園佳也子、能登命婦の吉田日出子は覚えていたし、中村玉緒の少進、財津一郎の岩倉具視で佐藤慶の酒井忠義、小林桂樹の名主覚左衛門、丹阿弥谷津子、宇都宮雅代は今回見てそうだったかと思ったけれど、いずれも好演・名演ばかり。

基本的にドラマと原作は別物と考えることにしているけれど、好きな原作の場合、忠実にドラマ化した作品を見るのは無上の喜びです。

ちなみに、原作でとても印象的だったけどテレビでは割愛されていたのがフキのお茶のお稽古の場面。
それと、原作と比べると少進の登場場面が少ない。
本物かどうか「中の人」が誰かは関係なく、「自分が仕える人が和宮なのだ」という少進の信念は徹底していて、ある意味非情でさえあって、そこが面白いんだけど、これを単発のドラマで描くのは難しく、しかたがないことなんだろうと思う。

俳優陣はみんな良かったけど、やはり特筆すべきはフキ役の大竹しのぶ。
祇園祭のお囃子と水汲みが大好きな、無学だけど働き者の素朴な少女が、理由も知らされずに和宮の身代わりにされ、不安と旅の疲労で神経をすりへらし、ついには狂ってしまう。
原作には旅の状況とフキの心の動きが緻密に描きこまれているのだけど、これを完璧に表現した演出と大竹しのぶの演技の凄いこと。
精神的に追いつめられていくフキから神経がひりひりするような緊張感が伝わってきて、唯一の味方だと思っている少進の顔を見て感情を抑えられなくなる、というあたりがとてもリアル。
テレビドラマに関しては、大竹しのぶは常に良いとは限らず、役にあっていなかったり、オーバーアクトで浮いて見えることもママあったりするんだけど、このフキ役と大竹しのぶは見応え十分、がっぷり組んで不足なし。
こういう、時々本当に圧倒されることがあるのが名女優たるゆえん。
狂乱とか感情の大きな振り幅を演じられる役者は多いけど(みんなプロだし)、精神の糸がプツッと切れた様子、肉体はそこに存在しながら心がどこかに行ってしまった様子を演じられる人となるとそんなに多くない。
「和宮様御留」の大竹しのぶを見て、「ハムレット」のヘレナ・ボナム・カーター、「アデルの恋の物語」と「カミーユ・クローデル」のイザベル・アジャーニを思い出した。

狂気の演技だけでなく、橋本中将の妻が挨拶に来た場面も哀切で印象深かった。
元の主人と再会したフキの懐かしむような縋るような目。
思いもよらない大きな運命の渦に巻き込まれたフキを見る中将の妻しずの痛ましげな表情。
いずれが狐か狸かみたいな面々の中で、この「しず」さんと高田村の名主夫妻は善人なのだけど、丹阿弥谷津子・小林桂樹・高田敏江と、見ただけでホッとする雰囲気の俳優が演じているのも行き届いたキャスティングだと思う。

衣装も今見ても豪華で、豪華なだけでなく原作の描写にも忠実。
特に宇多絵の婚礼用の紫地に極彩色の振袖が原作で読んでイメージしたとおりで、ここまで原作を読んで想像したのと一致する衣装というのは「風と共に去りぬ」の緑の小枝模様のアフタヌーンドレスくらいしか思い浮かばないくらいどす。
数々の御所風の着物も新鮮。

土井役の若き永島敏行が、青年武士の爽やかな雰囲気や佇まいを醸しつつ、滑舌が壊滅的なのに苦笑してしまった。
何言っているか聞き取れない。
私が若手俳優の滑舌をあまりとやかく言わないのは、今それなりに評価されている人でもデビュー当時はかなり酷く、それに比べるとイマドキの若手はましに思えることが多いからだったりする。


名作と記憶していたけど、記憶していた以上に良かったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

最近の週刊文春より

9月23日号の阿川佐和子の対談のゲストが森山良子と矢野顕子。
印象に残ったのが、矢野顕子がピアノの運指の練習のためにツェルニーをやっている、という話。
矢野顕子で好きな曲は「David」くらいなんだけど、プロ中のプロが基礎練習をやり直すという姿勢は好き。
森山良子が「酒をとるか、歌をとるか」で歌をとったら息子に意外に思われた、という話もおかしかった。


その前週、9月16日号の「佐野眞一×福田和也「剛腕神話」のバケの皮を剥ぐ!」という座談会で小沢一郎について「実は総理として矢面に立ちたくない」「社会人の経験がない」と評していたのが腑に落ちる内容だった。
もっと早く言えよ、とも思ったけど。

好きな歴史上の人物の一人がチェーザレ・ボルジアなくらいなので、上に立つ人は仕事が出来ることが最優先で必ずしも「好い人」である必要はない、と思う。
小沢一郎には何か深謀遠慮があるのだろうと長きに渡って好意的に解釈していたけれど、去年の選挙前の代表交代あたりから、責任ある立場になることから逃げているように思えてきたところだった。
去年の代表交代は小沢疑惑を受けてのことだったけど、疑惑をめぐる状況は今回もさほどに変わっていないわけで、今回出馬するくらいなら、世論が民主党に傾いていた去年、そのまま首相になればよかった。
そもそも首相になる気があるのなら、自民党にいればもっと早くにチャンスは訪れたはずだけど、結党したり解党したりの繰り返し。
外交とか内政とか、具体的な政治の責任を負いたくないように見える。
ものすごく期待されて首相になりながら、精彩を欠いた安倍元首相の例もあるけど、矢面に立つというのはそれだけでも大変なことだけど、思えば党の要職は経験しても行政の長たる大臣の経験は一度もないのが小沢一郎。
災害が起った時も、大事件が起った時も、外交上の問題がある時も、無責任な外野としてしか発言していないから、行政の長としての能力もいまだ未知数のまま。
結局、小沢一郎の関心事は政局であって政治ではないんじゃないか、という意見をネットで見たけど、同じように感じる人がいるんだなーと思ったんであった。


で、民主党代表は菅首相が再任。
今の時期になぜ代表選をやらなくてはいけなかったのか今もってわからないし、菅首相を支持しているわけではないけれど、首相がころころ代わる事態にならないのはよかった。
小沢一郎が首相になって、責任ある立場でどう振舞うのかも、ちょっとだけ見たかった気もするけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

イシュタルの娘

大和和紀の「イシュタルの娘~小野於通伝~」第一巻を読みました。
タイトルをちらっとみてSF物かと思ったら歴史物。
それも日本の戦国時代から江戸初期にかけて。
大和和紀の歴史物は、描き方は少女マンガの王道でいながら、着眼点が独特で面白い。
「レディ・ミツコ」、額田王を描いた「天の果て地の限り」も面白かったし、歴史物ではないけれど、「はいからさんが通る」、「紀元2600年のプレイボール」も、時代背景をさりげなく話にとりいれていた。
「イシュタルの娘」も当時の公家の事情が詳細に描写されています。
小野於通は「真田太平記」に重要な役回りで登場したけど、あれは後年の話だったので若い頃の話を読めてうれしい。
織田信長は高橋幸治の信長を彷彿とさせる信長で、最初は怖がった於通が次第に理解していくという描き方も好き。

漫画に限らず、面白い歴史物を描く人って、描き方ももちろん上手いんだけど、主役や狂言回しにする人物の選択眼・歴史の着眼点が優れているといつも思う。
それと、登場人物同士、歴史的事実との距離のとりかたが。

ところで、来年の大河ドラマのヒロインお江は、主演の上野樹里曰く「秀吉や信長にぐいぐい首を突っ込んで興味を持ってひとりで会いに行っちゃったりするような女の子。男っぽいところがあって、戦うところはしっかり戦う、はっきりとした性格」だそう。
http://mantan-web.jp/2010/09/07/20100907dog00m200025000c.html
これってどんな篤姫だ?、というか、オリジナル脚本のお江の設定をどうするかは、脚本家の裁量だとして、原作があって、原作では思慮深さと鬱屈を抱えていた天璋院を出しゃばりお転婆姫にしたことがそもそもの問題だったのだけど、この脚本家は歴史上の登場人物を悉くやんちゃ姫にしないと描けないのだろうか。
上野樹里の演技力なら「乱紋」のお江像も演じられると思うのに、残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

イラッ

民主党代表選のニュースを見るとイラッとする今日この頃。

消費者としてはある程度の円高は歓迎なんだけど、ここまで円高だと不安のほうが強くなる。
社会的基盤が安定していないことには安心して海外旅行にも行ってられないし、家で作るのはほとんどがイタリアンだといっても、パスタやワインを買うにも限度がある。

こういう不安な状況で、なんら対策を打たずに代表選に時間を割いているバカ政治家たちがほんとに腹立たしい。


漢字の読み間違いや失言のことがあって、在任当時は手放しで褒めることができなかったけど、経済政策を優先して、支持率のための解散を選ばなかった麻生元総理を、今は心から賞賛したい。
酩酊会見で批判された中川昭一も、仕事に関しては有能な人だった。
素面でも無能で余計なことばかりしている今の政権を見ると、酩酊会見さえとても些細なことに思えてくる。
漢字の誤読なんて、ほんっとにどーでもよかった。仕事さえ出来れば。


麻生政権を引きずりおろそうと躍起だった「識者」やマスゴミがしたことは、結局自分で自分の首を絞めたようなもの。
政権交代による活性化など一時的なもので、経済基盤がおかしくなったらスポンサーもいなくなる。
「未曾有の経済不況」と言われた時でさえ、与党に協力するどころが足を引っ張り続けた民主党のどこに何を期待したのか。
民主党がここまで酷いとは当時から批判的だった人たちでさえ予想していなかったけど、政権をとるのに必死だったというだけでなく、経済が世の中に及ぼす影響というものに対して鈍感な人たちの集まりだったんだなーとつくづく思う。
もしかして、今もピンときていないんじゃないか。菅も小沢も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »