« スタンドアローン | トップページ | フジテレビ(-.-#)凸 »

2010年12月26日 (日)

祝!全日本フィギュア優勝

安藤美姫が全日本フィギュア優勝。
SP、FSともにミスのない素晴らしい演技。
選手が実力を発揮することが先決だけど、良い演技をしたならやはり結果もあらまほしいので、優勝という結果になってほんとにめでたい。
今回のような演技を見ると、安藤の敵は安藤自身なんだなーとしみじみ思う。
陰謀論は嫌いだけど世の中に「大人の事情」というものが存在することは知っているし、それでなくてもスケ連の言動は胡散臭いことが多いので、女子の結果が出るまでは疑心暗鬼でした。

インタビューを見ていると、まだトリノ五輪前後のことがトラウマになっているみたいで、「こういう時は手放しで喜んでもいいんだよ」と言ってあげたい。

上位以外の選手、ジュニアの選手も見どころが多くて、特に庄司理紗と大庭雅の演技には心惹かれるものがあったし、西野友毬が大人っぽくエレガントになっていたのも印象に残った。
ここ数年来のマスゴミの某選手プッシュの影響で、情緒の乏しいスケートロボットみたいな選手が増えることを懸念していたけど、それは杞憂だったよう。
みんな、演技や所作から年齢なりの感受性が感じられて、ちゃんと学校に行ったりとスケート以外の生活も充実していることがうかがえる。

それにしても、こうなるとNHK杯の枠を放棄したというのが非常に不可解。
経験を積ませるには格好の場だっただろうに。
それと、全日本フィギュアが始まる前、フジテレビが鈴木明子をほぼ無視していたことも。

スケ連もテレビ局も、あまり恣意的なことをやりすぎると、アマチュアスポーツとしての魅力や価値をおとすことになる。
今だって、視聴者は番組の作り方にウンザリしているんだから。

|

« スタンドアローン | トップページ | フジテレビ(-.-#)凸 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/50413023

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!全日本フィギュア優勝:

« スタンドアローン | トップページ | フジテレビ(-.-#)凸 »