« フランス旅行記~ブルゴーニュ | トップページ | Pistache!! »

2012年6月 6日 (水)

フランス旅行記~サン・ジェルマン

今回パリに行ったら買おうと思っていたのがじゃんぽ~る西の「パリ愛してるぜ~」のフランス語版。
が、ジュンク堂に行ったものの日本語はあるけど仏語版は売れ切れとのことなので、「テルマエロマエ」と「鋼の錬金術師」の仏語版を一巻ずつ購入。
ベルバラにも気を引かれたけど、5巻分くらいまとまった分厚いものしかなかったのでやめました。10巻のうちの1巻なら買ったのに。
目的のJ.P西の本はソルボンヌの漫画を置いている書店で入手。
わりと売れていたような。

この後サンジェルマン・デ・プレ教会~サン・ルイ島~サンジェルマン・ロクセロワ教会と歩き回る。
サンジェルマン・デ・プレ教会の前で中国人の女の子たちがJJみたいなポーズで写真を撮っていたけど、流行なのか習慣なのか。

St_german_des_pres_eglise

サンジェルマン・デ・プレの街角ミュージシャン。
Saint_german_des_pres
どうやって運んだんだろう、ピアノ。

---
パリは地下鉄の駅でも生演奏をしていることが多くて、この日もコンコルドの駅でめちゃめちゃ分厚いコーラスが聴こえて、行ってみたら4人くらいだったのに驚いた。
10人くらいいるんじゃないかと思ったから。
次の日に通った時に聴こえてきたのが「Sound of silence」で、以前も80年代のヒット曲を順番に演奏しているサックスプレイヤーがいたりして、パリの街角の音楽は流行とは無縁のようである。
概して上手い演奏が多いし、知っている曲だったりするとさらにうれしかったりする。

東京の街角で見かけるストリートミュージシャンは、なにかとオリジナルを歌いたがるけど、あれはどうなんでしょう。
音楽を聴かせたいんじゃなくて、「自分」をアピールしているように思えて。
街角が音楽を演奏する場であってもいいけど、「自作発表の場」にされるのはちょっと迷惑かな。
数秒間でも聴かざるを得ない状況におかれる通行人の気持ちをもうちょっと考えてもいいと思う。
自作発表するのなら、しかるべきライブハウスなりなんなりでS.V.P.

|

« フランス旅行記~ブルゴーニュ | トップページ | Pistache!! »

旅行(フランス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス旅行記~サン・ジェルマン:

« フランス旅行記~ブルゴーニュ | トップページ | Pistache!! »