« レ・ミゼラブル | トップページ | 八重の桜 第一回 »

2013年1月 6日 (日)

ダブルフェイス

ナビ番組は見ているし録画はしているんですけど、まだ本編を見ていない「ダブルフェイス」。
原作?の「インファナル・アフェア」は息をつかせぬ展開で非常に面白かったし、そのリメイク版で、映画でトニー・レオンが演じた役を西島秀俊が演じるというのは楽しみで、しかも放映後の評判も飛びっきり良い。
・・・なんだけど、「インファナル・アフェア」は面白かったけれども、ハラハラドキドキしすぎるので何度もは見られないタイプの映画で、そんなに好きというわけでもないトニー・レオンでも結末が切なくてたまらなかったのに、西島秀俊が同じ目に遭うのを見て耐えられる自信がありません(心臓に悪い)。
バッドエンドが全部ダメというわけではないんですけどね。
いつか見られる日は来るだろうか。

---
「面白かったし名作だけどもう一度見ようと思わない映画」として、他に「フランケンシュタイン」、「ブリキの太鼓」があったりします。

|

« レ・ミゼラブル | トップページ | 八重の桜 第一回 »

俳優(西島秀俊)」カテゴリの記事

コメント

私は放送するのを直前に気づいてそのまま観ました。昨年西島さんメインの方はラストの辺りしか観られなかったんですが、観られて良かったです。
映画は観てないのでラストはショックでした…
いつか観て下さいね。


ブリキの太鼓…たぶん今観るときっと違うのかなと思うのですが、よくわかっていなかったことがわかるのかも知れないと思うとなんとなくそのままにしておいた方がいいような気がして観てないですね。当時もお子様なりに、何かを嗅ぎ取っていたと思うので…。


名作かというと?ですが、「戦慄の絆」もあんまり振り返りたくない映画かな…

投稿: なお | 2013年1月 6日 (日) 02時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/56477887

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルフェイス:

« レ・ミゼラブル | トップページ | 八重の桜 第一回 »