« クラークコレクション | トップページ | 貴人、情を知らず »

2013年5月28日 (火)

カジュアリティーズ

従軍慰安婦問題について、(事実はさておき)これまで一度も加害国になったことのない国がなかなか納得しないのはともかく、部外者のアメリカに風紀委員よろしく口出しされるのは厄介でもあるし面白くない。
お互いに攻めたり攻められたりの欧州と違って、自国を侵略された経験がない唯一といえる国がアメリカだけど、必ずしも清廉潔白だったともいえず、現在進行形で問題も起こっているわけで。
橋下大阪市長の発言、不適切な点は多々あったし、矛先がとっちらかった感もあるけど、アメリカの口出しと頻発している米兵の家宅侵入事件に対して釘を刺そうとした点については賛同できる。
「ヨソもやってるから日本は悪くないもん」ではなく、「おまえには言われたくない」、です。

それにしても外国の日本非難や批判の報道となると妙にはしゃぐマスコミはなんだかな。
どこの国の報道機関なんだか。

|

« クラークコレクション | トップページ | 貴人、情を知らず »

メディア批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/57479091

この記事へのトラックバック一覧です: カジュアリティーズ:

« クラークコレクション | トップページ | 貴人、情を知らず »