« これだから目が離せない | トップページ | 非実在関係者 »

2013年7月 6日 (土)

方眼紙Excel撲滅!(切望)

Excelのセルを方眼紙状態にする使い方、私の視界からは消えていたのでなくなったのかと思ったら職場を変わったら蔓延していた・・・。
ワープロソフトで、行末に逐一改行したりスペースでインデントした文書にも悩まされたものだけど、方眼紙Excelは改行を消して対応することもできないから、さらに始末が悪い。
表として使うにもExcel本来の機能が使えないし、ワープロ代わりにあの使い方をしている人たちは「推敲」ということをしないのだろうか。
デジタルで文章を入力する利点は見た目の美しさだけではなく、入力したデータを推敲してなんども直せること、そしてそのデータを再利用できること。
方眼紙Excelなどを使うより普通にWordを使ったほうが楽だし、レイアウトのためにどうしても網目表示にしたいのならWordの「グリッドを表示」を使えばいいじゃないかーーーっ。
・・・と心の中で叫びながら検索してみたら、こんな恐ろしいものが。

日経ウーマンが美文書「Excel方眼紙」特集、古傷を刺激された皆さんの叫び声が響きわたる

Excel方眼紙の使用者が(おそらく)「どや顔」しているであろうことにも腹が立つ。
ものすごく作業効率の悪いことをして、他人の効率まで下げているというのに。

なお、方眼紙Excelに入力された文章を修正する時は、
まず問答無用でWordにコピー
→セル結合
→表の解除
→置換で行末の改行(特殊文字)を消去
という手順で作業しております。
そんな手間をかけるのか?と思われる向きもあるかもしれないけど、一度Wordできちんとした形にしてしまえば何度でも直せるから、方眼紙Excelのままにしておくよりもはるかにマシ。

|

« これだから目が離せない | トップページ | 非実在関係者 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 方眼紙Excel撲滅!(切望):

« これだから目が離せない | トップページ | 非実在関係者 »