« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

夏の終り

猛暑の時期は寝苦しいし動けないしほんとに辛かったのに、いざ夏が終わるとなると妙にものさびしい。
冬の終りには絶対に名残惜しいなんて思わないのに。
丸ノ内のお堀端の銀杏並木は実が鈴なり。
外国人旅行客とおぼしき人たちが素手で銀杏の実を拾っていたけど大丈夫か???

Icho2_2

芸術の秋を目前に美術展を3つ(と数えていいのか)見てきました。

☆ウイリアム・モリス 美しい暮らし(府中市美術館)
壁紙やラグも素敵で眼福だけど、一番印象に残ったのは教会のステンドグラスでした。

☆三笠宮家ゆかりの染織美(三の丸尚蔵館)
三笠宮幼少のみぎりの晴れ着の数々が展示されていて、和服は桃色・浅葱・萌黄・紫・・・と色合いが美しく、柄も品が良く縫い取りや刺繍が見事。
小さい頃は男の子も振袖を着ていたようで、ヨーロッパの上流階級の家庭の男の子が女の子の服装をさせられていたことはヴィスコンティの写真で知っていたけれど、日本も同じ習慣があったことを初めて知りました。
少し大きくなってからの洋服は「小公子」みたいで可愛らしい。

東京国立近代美術館の竹内栖鳳展を見に行ったら、お目当ての「斑猫」は後期からの展示とのこと。
「斑猫」の展示が始まってから再度来ることにして、北の丸公園散歩に切り替えて三の丸尚蔵館に立ち寄ってみたのだけど、展示中に来ることができてよかった。


☆竹内栖鳳展 近代日本画の巨人(東京国立近代美術館)
で、後期の展示が始まったので、いざ鑑賞。
猫、可愛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネーベルホルン杯

安藤美姫が復帰戦で2位。
SPの金色の衣装はこれまでで一番好きかもしれない。
フリーは結果を知らない状態で録画を見たのだけど、いつになくドキドキしてしまった。
フリーの演技はかなり省エネで安全運転だったけど、体も絞ってジャンプを競技用にここまで戻してくるなんて、やはり天才。
報道やネットに流れる情報を見て心配したりもしたけれど、自分の目標に向かってしっかり練習を積んでいることがわかったし、表情の柔らかさになんていうか、安心した。

日本のスケ連には不信感があるので(過去の経緯から)、このタイミングで国際大会に出場する機会が得られたのは良かった。
復帰が早まったのは大変だったろうけども。


ペアのSPの中継を見ていた時に「イルハン・マンスズ」という名前が耳に入ってきてびっくり。
2002年W杯のトルコ代表イルハンですが、スケート歴が浅いこともあって結果は出なかったけど、リフトなどは無難にこなしていて真面目に取り組んでいることがうかがえた。
演技終了後、イルハンの顔が紅潮していたけど、90分走り回った元サッカー選手でも2分50秒でこんなに息があがるくらい激しい運動なんだな、フィギュアスケートって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

SSK in 飯坂温泉


今年は、開演前の選曲に特に意味はなかったもよう。
セットリストなどはほぼ去年と同じです。

今回のポイント
☆杉山清貴が「夢伝説」を主旋律より上でハモっていた

☆「すべての悲しみにさよならするために」の新演出
扇風機を抱える杉山清貴なんて他では絶対見られない。
とても楽しかったのだけど、この曲は音楽的な部分も非常に楽しみにしているので、コーラスに集中して欲しい気持ちもあって複雑だったりもした。

☆東京五輪決定で五輪ネタ持ち越し
KANのダンスがすごくて、ステップとか足の動きのやわらかさに思わず目が行ってしまった。
でも、五輪ネタの水泳の動きは杉山さんのフォームが美しかった。

☆「ふたりの夏物語」でKAN、とりつかれたように踊りまくる(笑)。


曲目で去年と違ったのが杉山さんのソロコーナーの「最後のHOLY NIGHT」
これまでのライブのMCなどから杉山さんにとっては「80年代に出したヒット曲の一つ」という位置付けなのかなと思っていたんだけど、多くの人にとって「ソロになってからの杉山清貴」でもっとも印象に残っている曲だと思うのです。
なのでこれは納得の選曲。
別に納得できない選曲があったわけじゃなく、柿沼さん・添田さんとのレアなコラボを聴きたい気持ちもあるけれど。

追記:

続きを読む "SSK in 飯坂温泉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島旅行~飯坂温泉

旅行二日目。
午前中の早い時間に鶴ヶ城をささっと見て、それから飯坂温泉に移動するつもりだったけど、台風のため予定変更。
鶴ヶ城観光をとりやめて、一本早い高速バスで福島に向かい、お昼前に飯坂温泉に到着することに。
会津のバスターミナルで「会津若松-新宿」路線が運行していることを知ったのがちょっと悔しい。


雨風が強くなる中、福島駅に到着し、福島交通飯坂温泉線に乗換え。
福島の隣駅「県立美術館」では若冲展開催中。
天気に不安がなければ時間をつぶすのに格好だけど、こういう日に途中下車はいけない。

さて飯坂温泉に到着し、駅前の観光案内で教えてもらった日帰り温泉へ。

日帰り温泉というとスーパー銭湯的なものを想像していたのだけど、その温泉は鄙びたというか、脱衣所と洗い場と湯船のみ。
それはシンプル&ワイルドな施設で、シャワーも蛇口もなく、本当にお風呂に入るだけ。
スケジュール的にあきらめていた温泉に入ることもできたけど、はからずもディープな温泉体験をしてしまった。

温泉でしばらく時間をつぶすつもりだったけど、湯船しかないところに何時間もいられないし(湯あたりする)、台風も接近しているので、雨風が少しおさまったすきにコンサート会場に向かうことに。
ぱるせ飯坂に着くと、賢明な先客が大勢。

ktブログで福島到着はチェックしていたのでライブは開催されるんだろうと思っていたけど、お客さん来れるのかと思ったら、これがほぼ満席。
みんなすごいわ。
台風とぶつかったけど、観光もライブも無事に楽しんでくることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島旅行~会津

三連休の後半、一泊二日で福島に行ってきました。
もとは日帰りで飯坂温泉のSSKのコンサートに行くつもりだったのが、せっかく福島まで行くなら前泊して観光を、そして観光するなら会津だなと計画を広げたはいいけど、会津と福島の距離が障害に。
電車移動だと家から出発するくらい時間がかかる。
観光できてもライブに間に合わなかったら元も子もないし、かといって出かけていって「時間がなくて観光できませんでした」ではいかにも残念。
で、一度は断念したんだけど、調べてみたら会津-福島間を高速バスが運行していること、会津市内は観光用の周遊バスが充実していて効率よく観光スポットをまわれることがわかったので決行することに。
というわけで一日目は会津若松へ。
行きは新幹線~磐越西線というルートで、磐越西線の郡山~会津間に乗るのは初めて。
磐越西線は新津~会津間ももっぱら山の中を走行するけど、隣県からだし「海(太平洋)から遠い」ということがピンと来なかったのが、太平洋側から会津に入ると「会津は海がねえ」という「八重の桜」の最初のほうの山本覚馬の嘆きが分かった気がする。
海から離れているんだな、と。

台風が近づいているということで、予定よりも早い電車で最寄り駅を出発したけど、その後は新幹線も磐越西線も順調。
会津に着くと雨も上がっているではありませんか。

今回行ったのは飯盛山~会津武家屋敷~御薬園。
飯盛山の石段に挑戦する元気がなかったのでスロープコンベアを利用。
江ノ島のエスカーみたいなものだけど、階段になっていないのでふくらはぎが伸びる。

歩くのは苦にしないほうだけど、会津の観光スポットは点在していて、ポイントとポイントの距離が離れているので30分毎の周遊バスはたいへんに助かりました。
バスを使わなくてはまわれないくらいエリアとしては広いのに、道路があまり広くなく、昔の面影を残している。
観光客としては風情があって好ましいけど、こういうのも会津戦争の影響だったのかしら、などと思ったり。

会津は町中に「八重の桜」のポスターが貼られていて、大河ドラマに対する街の思い入れがうかがえた。
和装の会津編と洋装の明治編。
(石山寺に「江」のポスターがほとんど見当たらなかったのは、やっぱり・・・ごにょごにょ)

会津観光のもとの動機は「八重の桜」だけど、「行かねば」と強く思ったのは飯盛山にある「会津さざえ堂」を見たくて、でした。
Sazaedo
フランスのシャンボール城と同じ二重螺旋の階段が日本にあったなんて。

御薬園は名前どおり様々な種類の薬草があり、庭園も美しい。
日本庭園の橋って通行禁止になっているところが多いけど、ここは「橋を渡れる」庭園だったのがうれしい。
心残りは酒造歴史館が時間切れで見られなかったこと。
営業終了時間を勘違いしていた(涙)。

日新館にも行きたかったけど、遠いので涙を呑んで計画から除外しました。
ここは二泊するか他の観光をあきらめないと無理。
そこを徒歩で行き来していたなんて昔の人はほんとに健脚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

野音プチおさらい

コーラスの木戸やすひろって、稲垣潤一の「April」を作曲した人でしたね、そういえば。
「April」はコーラスと手拍子が印象的な名曲。
「1ダースの言い訳」のカップリングだったけど、どちらも好き。
それから、ロックユニットのドラムの坂東慧。T-Squareの人だったのね。
T-Squareは伊東たけし復帰あたりで頭の中の更新が止まってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のつぶやきみたいなこと

☆2020年東京五輪決定。
2016年の誘致の時はかなり懐疑的だったのだけど、震災とか周辺の反日とかがあったり、2020年の誘致活動にアスリートが積極的に関わっているのを見たりしているうちに前向きに変化。
日本の「おもてなし」とか安定感を世界にアピールする機会が訪れるのは悪くないな、と。
でも、「東京に決まって欲しい」と強く思ったのは、実は最終プレゼンを見てからだったりする。
日本人はプレゼン下手だと思っていたのに、思いのほか良くて、せっかくここまでやったのなら決まって欲しいなと思ったんであった。
プレゼンで発言したもろもろのことは実現のためにしかるべく動くのでしょうから、もちろん。


☆某漫画家と編集部の直近の騒動を見ていてITツールは使い方を誤ると面倒だなと当たり前のことを改めて感じてしまった。
これに限らずTwitterを文字通り「つぶやき」と解釈して利用するのは危なっかしい。
ただ、この手のことが起こったときに「水面下でやれ」「いざこざなんて人に見せるな(自分はみたくない)」という意見がちらほらあるのが気になっている。
この件については、Twitterで流す前に当事者間でメールで問い合わせをしていれば穏便に済んだ可能性があるようだけど、トラブル自体を公にすること及びトラブルを目にすることを過剰に厭う感覚というのも問題アリじゃないかと思う。


☆(積極的な)反原発を訴える人たちって、原発がなくなった場合の生活を具体的に想定しているんだろうか。
なんとかなると思っているのか、電気のない生活を覚悟しているのか、どっち。
私は原発がなくなった場合の電気事情は相当厳しくなると思っているのですが。
「ちょっと節電」くらいでは済まないくらいに。

原発以外の発電所のリスクのまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130223474773227001

震災以降「もし電気がなくなったら」ということを考えた時に思い出すのがハリソン・フォード主演の「刑事ジョン・ブック 目撃者」に出てくるアーミッシュの村の生活だったりします。
映画の中の村の生活はのどかそうで二三日なら楽しそうだけど、ずっとというのは耐えられないだろうなと思う。
たとえ村人にヴィゴ・モーテンセンがいても無理。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

チケット獲得悲喜こもごも

佐野元春の名盤ライブのチケットをゲットしました。
先行抽選にはずれ続けたので焦った。
希望していた16時の回はとれなかったけど、20時の回はまだあるようですね。

佐野元春のニューヨークに行く前の三部作、伊藤銀次のBaby BlueからWinder Wonderlandの4枚は私の音楽の好みを決定付けたといっても過言ではない。
ライブに行っていたのがどちらもTHE HEARTLANDがバックで演奏していた時代。
ライブを見た回数は少ないけど、昔行ったライブって一回一回の思い出が深く刻まれている気がする。
これは「昔のライブが良かった」というよりも自分の気持ちの問題なんだけど。
「SOMEDAY」はCDで聴いても満足度が高いけど、オリジナルのアレンジで演奏するならライブで聴いてみたくなった。

伊藤銀次は名曲「DOWN TOWN」の作詞をした人ですが、作詞家選びのセンスも素晴らしく、康珍化、売野雅勇、銀色夏生を知ったのは伊藤銀次のアルバムからだったりします。


名盤ライブのチケットを入手して安堵したのも束の間、発売日ならば予約できるだろうと思っていた京浜ボーイズをまさかの即日SOLD OUTで断念。
去年よりも早いじゃないかー。野音効果か。
ロックユニットとDA BUDSが心配だ。

「SOMEDAY」を昔のメンバーで・オリジナルアレンジで聴きたい自分がいる一方、これが杉山清貴になるとあまりにオメガトライブ時代を懐かしむ声ばかりだと、ソロになってからの期間がはるかに長いのにとちょっと複雑な気分になる。
30周年の野音が終わった直後でそういう書き込みが増えていたりすると、つい。
とはいえ杉オメは杉山清貴の歴史の一部だし、私にしても今の杉山清貴にハマるきっかけは「ふたりの夏物語」を久しぶりに聴いたことからだったし、「FEN」だって「きゅうてぃぱんちょす」のつながりから生まれた作品で、過去があるから現在がある。
でも、杉オメはともかく、杉山清貴の話題になるとカルオメを持ち出す人が必ずといっていいほど現れるのはどうなんでしょう。
当時とりたててのファンじゃなくても杉オメが「解散」したことは聞き知っていたし、杉オメ解散以降のオメガトライブの変遷は「同じバンド内のボーカル交替」でさえないわけで。
まったく別のグループなのに、いちいちひきあいに出されるのもなーと思ってしまう。
ミュージシャン同士の横のつながりとか、「あのアルバムには実は○○が参加している」といったサプライズはむしろ好物だけど、縦もしくはファミリー的なとらえかたはちょっと息苦しくて苦手かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

SUGI ROCK fes.

2日間、楽しんできました、SUGI ROCK fes.
台風・ゲリラ豪雨・連れのゲリラ不機嫌、さらにはオクトーバーフェストの音etc.あらゆる心配を吹き飛ばし、それはそれは楽しい時間でした。
今回は土日の2日間だったことが幸いし、初日に暑熱対策を学習したおかげで開始時間が早い(したがって長時間炎天下で過ごすことになる)2日目を乗り切ることができました。
土曜日は顔だけは気をつけていたものの、すぐに日が落ちるからと体には日焼け止めを塗らずに出かけたのだけど、開演時間の早い日曜日はあらかじめがっつり塗ってお出かけ。
日焼け止めを塗るかどうかで日差しによる疲労感が大きく違うことを身をもって体験。

屋台などは出つつ、あまり作りこみすぎなかったのがむしろ程よくお祭りらしさを醸しだして楽しかった。
ユニットの入れ替えがあるからトイレにも行きやすいし、ゲリラ尿意(by根本要)を心配せずにビールが飲める。
ビールがリーズナブルなお値段だったのもマル。
こういうところで商売っ気を出さないところが好ましい。
一時品切れになっていたらしいオリオンビールが再び売られていたのは、オクトーバーフェストから持ってきたのであろうか。

それぞれ「誰もが知っているヒット曲」を持っているアラフォーがカバー曲、日頃はライブハウスでしか聴く機会のない京浜ボーイズとDA BUDSがオリジナル曲だったのも良かった。
アラフォーの方々がヒット曲を歌って引っ込んだらテレビの歌番組みたいになってしまうし、タメさん・まっすんがカバー曲だとユニットの紹介にならないし。
アラフォーの歌唱力と京浜ボーイズとDA BUDSの特色を前面に出して、杉山氏の「好きなこと」が伝わってくる構成。
要さんコーナーの選曲もとっても好み。
「IF I FELL」は去年の大阪野音で聴いてもう一度聴きたいと思っていたし、ケンとメリーはCD(スタレビの「SECRET FACE」というアルバム)で聴いていたけど、生はたぶん初めて。
去年の野音の感想にも書いたけど、要さんはこういうフリートークが一番面白い。


ゲストコーナーで一番楽しみにしていたのがロックユニットだったのだけど、もうちょっと洋楽が苦手に人に阿った配慮した選曲にするかと思いきや、「これぞロックユニット」というのを聴かせていただきました。もうがっつり。
一曲目のドラムスが今泉さんだったのも嬉しいサプライズ。
さらなるサプライズは「スカポロー・フェア」
コーラスのお二人がリハーサルに参加したという情報があったので、ボズ・スキャッグスはやるだろうと予想していたけど、まさか野外で「スカポロー・フェア」をやってくれるなんて。
「Breakdown Dead A Head」と「Superstition」は野外ライブならではの音とノリでもう最高でした。

オメガトライブはリアルタイムで知っているし、ヒット曲の数々は好きだったけど、歌が好きだったのであって「私のアイドル(偶像)」とか「私の青春」ではなかった。
好きなのはあくまでも現在の杉山清貴。
なので、30周年の盛り上がりにはかすかに不安もありました。
オメガに思い入れがない私は疎外感を感じるんじゃないか、とかね。
でも、まあ杞憂でした。
アマチュア以来の過去の時間も大切にしつつ、現在と未来を見据えたライブ構成だったから。
うん、ほんとうに楽しかった。

力作且つたいへん素晴らしいTwitterのまとめ
http://togetter.com/li/558198

公式サイトのセットリスト
http://www.sugiyamakiyotaka.com/378.html

ロックユニットの一曲目がやはり間違っていたので、先に掲載したのはこっそり削除。
サティとドビュッシーの曲を間違えた時とおなじくらい恥ずかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »