« SSK in 飯坂温泉 | トップページ | 夏の終り »

2013年9月29日 (日)

ネーベルホルン杯

安藤美姫が復帰戦で2位。
SPの金色の衣装はこれまでで一番好きかもしれない。
フリーは結果を知らない状態で録画を見たのだけど、いつになくドキドキしてしまった。
フリーの演技はかなり省エネで安全運転だったけど、体も絞ってジャンプを競技用にここまで戻してくるなんて、やはり天才。
報道やネットに流れる情報を見て心配したりもしたけれど、自分の目標に向かってしっかり練習を積んでいることがわかったし、表情の柔らかさになんていうか、安心した。

日本のスケ連には不信感があるので(過去の経緯から)、このタイミングで国際大会に出場する機会が得られたのは良かった。
復帰が早まったのは大変だったろうけども。


ペアのSPの中継を見ていた時に「イルハン・マンスズ」という名前が耳に入ってきてびっくり。
2002年W杯のトルコ代表イルハンですが、スケート歴が浅いこともあって結果は出なかったけど、リフトなどは無難にこなしていて真面目に取り組んでいることがうかがえた。
演技終了後、イルハンの顔が紅潮していたけど、90分走り回った元サッカー選手でも2分50秒でこんなに息があがるくらい激しい運動なんだな、フィギュアスケートって。

|

« SSK in 飯坂温泉 | トップページ | 夏の終り »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/58291271

この記事へのトラックバック一覧です: ネーベルホルン杯:

« SSK in 飯坂温泉 | トップページ | 夏の終り »