« 感動の押し売りお断り | トップページ | 世界フィギュア2014 »

2014年2月25日 (火)

2002年に似た微妙な空気

選手たちも帰国したことだし、明日あたりで終わることを期待しているんだけど、6位の浅田真央持ち上げ報道の不自然な感じって、2002年の日韓W杯のトルコ戦後のマスコミ報道に似ている。
あの時はトルコに負けたことを悔しく思いつつも初の決勝トーナメント進出の余韻を味わいたかったのに、マスゴミが韓国を持ち上げて「共催国を応援しよう」キャンペーンを始めたもので、そりゃもうムカムカしたものだった。
イタリア戦の判定とかラフプレーとかいろいろあったりしたし、好きな国を応援させろと。
このあたりからマスコミ不信が始まったのだけど、ソチ五輪はメダル獲得数歴代二位、日本人男子初の金メダリスト(しかも知的で聡明で美少年)までいるわけで、褒め称える対象にはことかかないのに、なにが悲しくて6位の選手を延々と見せられなくてはならないのか。
今のところテレビは目に入らないようにしているけど、ネットでニュースをチェックすると、見出しがメダリストよりも6位の選手の名前が先になっていたり、メダリストが「ら」扱いだったりで、またムカムカ。
失礼にもほどがある。
メダルを獲得できなかった選手を労わるのは良いことだけど、メダリストをないがしろにしていいわけがない。
「メダル以上に価値があるものに感動できる自分」アピールをする人もちらほらいたりするのがまたなんだかね。

そういえば2002年も「共催国を応援しようキャンペーン」が始まると韓国戦の判定がテレビで報道されなくなったけど、これも6位の選手のミスに解説者が口をつぐむ今の状況と似ている。
それと、一時期のフジテレビのキムヨナ報道のはしゃぎようは確かに目にあまるものがあって、フジテレビへのデモで浅田真央のことを持ち出した人がいたりしたために妙な具合になってしまったけど、(積極的に好きかどうかはともかく)真央ちゃん呼びに抵抗がない層には韓流好きが多く、韓流好きは概してキムヨナは嫌いだったりする。
実際、浅田真央のメディアへの露出の仕方はかなり韓流っぽいし。

|

« 感動の押し売りお断り | トップページ | 世界フィギュア2014 »

メディア批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/59198371

この記事へのトラックバック一覧です: 2002年に似た微妙な空気:

« 感動の押し売りお断り | トップページ | 世界フィギュア2014 »