« SUGI ROCK fes.のDVD | トップページ | 選手には賞賛を »

2014年2月19日 (水)

ソチ

雪で家に篭もっていた土曜日、なんとなく見始めたスノーボードのスロープスタイルが思いのほか面白かった。
スノーボードクロスに続いて、新たな楽しみ発見。

フィギュアスケートはアイスダンスまで終了。
男子シングルは羽生結弦が金メダル。
転倒したことについて批判的な記事も出ていたけど、難易度を下げたノーミス演技は、それはそれでもやもやするものだと前回の五輪でしみじみ感じたから、現行のルールには賛成。
採点表と見比べれば納得の結果です。
アイスダンスはデイビス・ホワイト組の演技にうっとり。
カナダのバーチュー・モイヤー組も素晴らしい演技でほんとに紙一重の差なんだけど、その紙一重が縮まらない差でもあるという。

始まる前は意義を疑問視していた団体戦だけど、これはこれで悪くないかな。
個人戦に出る選手たちがリンクの状態や会場の雰囲気を知ることができるし、これを機にペアとアイスダンスに注目が集まるのは良いことだ。

相変わらず偏向している女子シングルの報道ですが、ずっとマスゴミはわざとやっているんだと思っていたのが、団体戦で急にリプニツカヤに注目が集まったりしたのを見ると、一部は単に「わからないから」声の大きい偏向派に乗っかってしまっているのかと思い始めたところです。
それにしてもリプニツカヤに注目するのが今更というか、五輪まで存在を知らなかった人もいるようで、そのことにも驚いている。
GPファイナルでは日本にも来ていたし、団体戦の好演技以前に、GPシリーズ2勝、GPファイナル2位(実質優勝!)、欧州選手権優勝と、金メダル候補に挙がって当然の実績の持ち主なのに。
リアルタイムでは興味がなくても、五輪の報道をするのなら有力選手のチェックくらいしろと思う。それが仕事でしょ。
リプニツカヤを知らなかったのは無知だと思うけど、昨季の世界選手権優勝を無かったことにしてキム・ヨナのブランクを3年とか言っている人たちは故意であるように思える。
それでどんな得があるのか理解できないけど。


ところで安藤美姫の解説ぶり、出演した番組を逐一チェックしているわけではないのでネットでみた情報も多いけど、実に爽快で正直見直した。
アナウンサーの誘導には乗らず、誰も貶めることなく、でも技術的に指摘すべき点は指摘する、と他の解説者が言葉を濁してしまうことに言及してくれるので清清しい。
彼女の、質問に対して言いたいことを言い尽くさずにおれないところは「そこまで丁寧に答えなくてもいいんだよ、適当に流していいんだよ」とたびたびハラハラしたものだけど、今は流されなさに救われます。
フィギュアスケートという競技に対する愛が感じられて、いい。

特定の選手の欠点やミスに対して解説者が一様に奥歯にもののはさまったような言い方になるけど、両足着氷や回転不足を「なかったこと」にして何になるのかと思う。
そりゃ贔屓の選手が微妙な回転不足をとられたりすると「きびしー」と思ったりはするけれど、そうかといって両足着氷・回転不足をまったく問題にしないというルールにしたら技術を競う意味がなくなりますよ。

|

« SUGI ROCK fes.のDVD | トップページ | 選手には賞賛を »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

メディア批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/59164830

この記事へのトラックバック一覧です: ソチ:

« SUGI ROCK fes.のDVD | トップページ | 選手には賞賛を »