« 選手には賞賛を | トップページ | 2002年に似た微妙な空気 »

2014年2月22日 (土)

感動の押し売りお断り

6位の選手の持ち上げ報道が続いているけど、感動の押し売りはいい加減にしてほしい。
こういう金メダルでもとったかのような報道によって「本当は金メダルに値する演技だった」みたいな記憶のすり替えを起こす人が出てくるであろうことが恐い。
今だってキムヨナがノーミスで浅田真央がミスをしたバンクーバー五輪と直後の世界選手権を混同している人たちがいるので、これは決して杞憂ではない。
ショートの結果に挫けずに立ち直ったのは賞賛に値するけど、褒めるのはそこまで。
回転不足のジャンプがある以上、「8トリプル成功」は事実と違う。
フリーで順位を上げたのは町田だって同じでしょ。


好きでもなんでもない選手が、メダルでもとったのならまだしも入賞レベルで金太郎飴状態でテレビに出てきて、あの衣装やメイクをリプレイで見せられるのは苦痛以外のなにものでもない。(ラフマニノフの二番に何故あの衣装なのだ)
浅田真央報道に関しては、実績がすごいから称えるのではなく、まず賞賛ありきであることがこれではっきりしました。
マスコミは「国民に愛される真央ちゃん」を前提にしているようだけど、本当に愛されているのなら、これまでの回転不足や両足着氷を事実のまま報道しても愛されるんではなかろうか。
ごまかそうとするのは、本当はそれほど愛されてないと思っているからじゃないんですか、メディアの皆さん?


報道のありようについては、本来ならば選手本人に責任はないけれど、浅田選手の場合、彼女自身が回転不足とか両足着氷を失敗と認識していない、着氷すれば成功と思っているふしが結構あった。(ルールを正確に認識していないんじゃないか)
指摘でもされたのか、ここ数試合は片足着氷を試みて、失敗が続いていた、と。
SPの転倒は、バランスを崩したというよりも筋力がないためにジャンプの負荷に耐えられずに転倒したように見えたので、フリーはよく滑れたなと驚いたくらい。
で、その筋力不足の原因を考えると、要するにアスリートとしての自己管理の失敗なので、「メダルより価値がある」キャンペーンが空々しく感じられるわけです。。

|

« 選手には賞賛を | トップページ | 2002年に似た微妙な空気 »

メディア批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/59178023

この記事へのトラックバック一覧です: 感動の押し売りお断り:

« 選手には賞賛を | トップページ | 2002年に似た微妙な空気 »