« フランス旅行2014~サンテミリオンの街とシャトー見学 | トップページ | スケーターのテレビ出演雑感 »

2014年6月29日 (日)

フランス旅行2014~パリ、シャルトル

ボルドーからパリへ移動する朝、チェックアウト前にジャン・ダロスでクロタン・ド・シャビニョールを購入。
10時前だし、開いていなかったら買うのは断念しなくてはいけないかと思っていたけど、オープンは9時。
パン屋が早朝から開いていることといい、食に携わるフランスの人は勤勉です。
目的を達せてうれしい。

さてパリに到着し、TGVを降りてモンパルナス駅のタクシー乗り場にダッシュするもタクシーがいない。そして一台も来ない。
しびれを切らしてバスで移動しようと思ったら、デモで交通がストップしていた。
これじゃタクシーも来ないし、バスも動かないわけです。
やむを得ないので地下鉄でホテルに向かったけど、スーツケースを持っての地下鉄移動は初めてです。

-----

パリに戻った次の日はシャルトルへ。
以前に行った時に昇らなかったシャルトル大聖堂の塔に昇るのが目的です。
この日はあいにくの雨で気温は10℃前後。
モバイルダウンが役に立ちました。
ワインの保護に防寒に、今回はモバイルダウンが大活躍。

10時過ぎの電車でパリをたち、シャルトルに到着したのが11時半くらい。
聞けば、12時から14時まで休憩時間で閉鎖されるという。
大聖堂の塔の入り口に着いた時は11時45分だったのだけど、2時間待ちたくないとその場で昇ることを決断。
ええ、行ってきましたよ、15分で。

Chartres


階段を降りたら出口で係員が閉める準備をして待っていた。
教会の椅子に座ってしばしの休憩と思ったら、疲労で30分以上立ち上がれませんでした。
その後、教会近くのクレープリーでポタージュとパナシェの昼食。
あまりに疲れていたので胃の負担にならないものをという選択なんだけど、こんな時でもアルコールは入るんだな。

日帰り旅行は目的地に着くのがお昼近くになることが多いので、特別な場所を観光する場合はお昼休みを考慮する必要があると痛感。
それと体力面も。
他にも宿題となっている大聖堂がいくつかあるのだけど、体力のあるうちに行こうと思いをあらたに。

-----

次の日はパリ市内観光及び帰国の日。
まずは、以前から気になりつつ行っていなかったヴィクトル・ユーゴ記念館へバスで移動。
これまでは地下鉄を使うことが多かったのだけど、今は地下鉄が危険だという情報があったので今回はバス利用に切替え。
危険情報がスリなどなら気をつければ被害を避けられるけど、暴力的犯罪が増えているということだったので大事をとって。
バスは遠回りをするので時間が読めないのが難点だけど、時間を気にしなければ町並みを楽しめるし、これはこれでいいかも。

ヴィクトル・ユーゴ記念館のあるヴォージュ広場周辺はとても趣のあるところでした。
Le_marais

ヴィクトル・ユーゴ記念館で印象に残ったのは東洋趣味にあふれた居室とユーゴがフランス語訳したというシェイクスピアの書籍の展示。
ハムレットは、水死するオフィーリアの挿絵があられもない姿に描かれていて苦笑い。

ユーゴ記念館を出た後は、二年前に工事中だったピカソ美術館に向かったけれど、まだ工事中でした。
Pecaso_musee

午後からはループル美術館へ。
リシュリュー翼のアンジェリーナで昼食。
この日のお昼もスープ。

ルーブル美術館はサモトラケのニケがないのがちょっとさびしい。
たまたま入った区画で膨大な量のタペストリーを見たけど、「The Treasury of the Abbey of Saint Maurice d'Agaune」という展示であったらしい。
こういうのを「たまたま」見られるのもルーブルの魅力。
グランドギャラリーでは課外授業で来たらしいフランスの子供たちが「ダ・ヴァンシ、ダ・ヴァンシ」と興奮していて、そっかダ・ヴィンチねと納得。

|

« フランス旅行2014~サンテミリオンの街とシャトー見学 | トップページ | スケーターのテレビ出演雑感 »

旅行(フランス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス旅行2014~パリ、シャルトル:

« フランス旅行2014~サンテミリオンの街とシャトー見学 | トップページ | スケーターのテレビ出演雑感 »