« 熱を奪う雨の日比谷野音 | トップページ | 錦織圭、全米オープン準優勝 »

2014年7月27日 (日)

バレエ・リュス展とオルセー美術館展

新国立美術館で現在開催中の「バレエ・リュス展」と「オルセー美術館展」に行ってきました。
といっても同日にはしごをしたのではなく、2週間ほど間は空いているけれど。

バレエの衣装展は庭園美術館でパリ・オペラ座のを見ているけれど、バレエ・リュスはそれとは趣が違って、とてもエキゾチック。
新国立美術館はスペースを自由に使えるので衣装を360度から見ることが出来て良かった。

オルセー美術館展は、超有名絵画と知る人ぞ知る的作品のバランスがとれていて美術館に行きなれていない人も常連もどちらも楽しめる内容だと思う。
図録には過去に展示された展覧会のメモが載っていて、これは非常に助かる。
「これ、見たことがあるんだけどいつだったかな・・・」という作品について、即座に調べられるので。
今回、図録はミニ版もあって、軽さには心惹かれたものの普通のサイズを選択。

ところでコンサートや映画館で観客が発する雑音は許せない私ですが、美術館は多少ざわざわしているほうが好き。大声で騒ぐのは論外として、息詰まるような静寂で鑑賞する必要を感じない。
(あくまで)普通の声で感想を言い合うのも美術鑑賞の醍醐味。

|

« 熱を奪う雨の日比谷野音 | トップページ | 錦織圭、全米オープン準優勝 »

美術館と展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレエ・リュス展とオルセー美術館展:

« 熱を奪う雨の日比谷野音 | トップページ | 錦織圭、全米オープン準優勝 »