« 普通に面白い軍師官兵衛 | トップページ | 奇妙な偶然 »

2014年10月 5日 (日)

ジャーナリストという以前に社会人失格

大震災の時にツイッターの有用性を認識してアカウントはとったものの何もツイートしていない状態です。
文章というとちょっと考えてしまうほうなので(これでも)、ツイートするタイミングがつかめないというか。
で、芸能人のツイッター利用には前から懐疑的。
告知とか発言したいことがあるならブログでいいじゃないかと思う。ちゃんと推敲して。
芸能人はあくまでもイメージありきのものだから。
ペニオクみたいなことを防止するためには、事務所が管理するとさらに安全。
まあ、わざと炎上を狙っている向きはリスクも覚悟の上なのだろうから好きにすればいいけど。
でも、これがジャーナリストとなると、情報リテラシーはあって当然だし、ツイッターは意見発信の有効なツールのはず・・・と思っていたら、そうでもないケースがあるもんですね。

「江川紹子さんの御嶽山の噴火に関する被災者救助に自衛隊を投入したことについての見解と謝罪のまとめ」
http://togetter.com/li/724568
http://togetter.com/li/725407

最初のツイートがあった時点で被害状況はある程度伝わっていたし、私自身は自衛隊派遣に何ら疑問は感じないので「そこ、疑問?」と思わなくもないけれど、疑問を持つまではまあ人それぞれ。
でも、この後に続く、論点ずらしと屁理屈には呆れた。
大人げないというかなんというか。
「そうなんですか」とか「そうだったんですね」となぜ言えない。
大体、語尾に「にゃ」をつけるのも、ツイート内容がジョーク交じりとか肩の凝らないものに限ってはギリギリ許容範囲としても、真面目な話(噴火の被災者救助の話ですからね)には絶対NG。
しかも、捨て台詞まがいの言葉を吐いた挙句に「にゃ」はないだろうと。
ジャーナリスト以前に社会人として失格でしょ、これは。
主義主張は人それぞれなので賛同できないことは多々あるけれど、オトナとしてジャーナリストとして、もっときちんとした人だと思っていたんですけどね。

|

« 普通に面白い軍師官兵衛 | トップページ | 奇妙な偶然 »

かたはらいたきもの」カテゴリの記事

メディア批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/60427019

この記事へのトラックバック一覧です: ジャーナリストという以前に社会人失格:

« 普通に面白い軍師官兵衛 | トップページ | 奇妙な偶然 »