« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月10日 (月)

焦燥に耐えることを選ぶ勇気

グランプリシリーズの中国杯の女子フリー、
ネットで先に女子の結果を見て、リプニツカヤとタクタミシェワの点差に心を痛める。
放送で演技を見てみたら、転倒による影響だったようで、かつ酷い怪我ではなさそうなので安堵しました。
次、がんばれ。
タクタミシェワは素晴らしかったです。
プログラムはフリーよりもSPのボレロのほうが好み。

そして男子の最終グループを見ようと再びチャンネルを合わせたら羽生が流血している。
「棄権して」と思ったけれど本人の出場したいという意志は変え難く、出場強行。
直前まで棄権してくれることを願いながら、いざ演技が始まってみるとジャンプの回転が足りているかを気にしてしまう自分がいたりして、人の心理は複雑。
あの状態で最後まで演技した羽生の精神力には敬服するし、正直なところ感動はしたんです。
感動したんですが、こういう感動はなくても良いとも思う。
あの状態でも「オペラ座の怪人」の音を細やかにとらえたスケーティングはさすがだったけど、だからこそ万全の状態で演技を見たいし、今回無理をした影響が心配。
金メダリストとしての責任感とか衝突した相手であるハンヤンへの気遣いとかいろいろな思いがあるんだろうし、棄権することの焦燥よりは満身創痍でも滑りたかったのだろうけど、時として焦燥に耐えることも必要なんだってことをわかってほしい。
まだまだ先は長いのだし、羽生はドラマティックな状況などなくとも、技術と表現力で感動させることの出来る選手なのだから。

ソチ五輪ではSPで大失敗した選手がフリーで演技をまっとうしただけで「メダルよりも感動キャンペーン」を繰り広げた記憶が残っていたから、今回はどうなることかと思ったけど、感動は感動として、棄権すべきだったという意見とか6分間練習の衝突の危険性への問題提起が「冷静に」出ているので安心しました。
マスメディアも風向きが変わってきたのなら良いんだけど。

-----
アメリカ大会優勝の町田、カナダ大会優勝の無良ともに良い演技で、特に町田がジャンプの安定感もさることながら、スケーティングと上半身の動きが昨季よりも格段に良くなっていて驚いた。
宮原知子の「ミス・サイゴン」もこれからが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad mini3

REGZA AT-570を買ってからまだ2年だというのに、買ってしまった、iPad mini3のゴールド。

AT-570は電源ケーブルが嵩張るという欠点はありつつも、本体のサイズ・重量・ディスプレイの美しさには満足していたのだけど、写真と自炊した本が増えて容量が足りなくなってきたのである。
もちろん、タブレットに入っているからといって全部読むわけはないんだけど、ふっと読みたくなった時に読めるのが電子書籍の良さだし、いちいち入れ替えたりするのは面倒だなと。

で、思い切ってiPad mini3の128GBの購入を決断。
iPad miniが欲しいというだけなら、iPad mini2のほうがお買い得だったけど、買い替えの最大の理由が容量不足なので、いくら安くなっていても32GBでは意味がなく、16GBは論外。
で、iPad mini3の128GBの購入となったわけだけど、写真と電子書籍を全部入れてもまだまだ余裕だし、ライトニングケーブルがiPhoneと共通、アプリもiPhoneのものをそのまま使えるので非常に満足しております。

REGZA AT-570はお払い箱というわけではなく、在宅時専用で使う予定。
家限定なら電源ケーブルのごつさは問題じゃないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

美女と野獣

「グレース・オブ・モナコ」の上映前に予告編を見たら面白そう。
フランス語の勉強も兼ねて観てきました。
セットや衣装の色彩と質感などが好みです。特に緑色のドレスがベルの金髪に映えて美しかった。
ヒロインが凛々しかったり、可愛い魔物が出てきたり、「この監督、宮崎駿を好きだろ」と感じるシーンがいくつかあって、それも良かった。
原作からは野獣の館をもっと瀟洒な建物(ロワールにありそうな城館)でイメージしていたのだけど、映画ではゴシック調だったのがちょっと意外。スペクタクルな展開にはぴったりだったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グレース・オブ・モナコ

ニコール・キッドマンがグレース・ケリーを演じるなら見てみたい、ということで「グレース・オブ・モナコ」を観てきました。
グレース・ケリーとニコール・キッドマンは、私の中で二大「ゴールドのドレスが似合う女優」。
それぞれ「泥棒成金」と「ライラの冒険」で金色のドレスを着ていますが、どちらも素晴らしい着こなしぶり。ゴージャスでありながら下品にならないところが素晴らしい。
映画は、「クイーン」のようなアプローチをすべき題材で「英国王のスピーチ」みたいな映画を作ろうとしてしまった感があり、謎の接写(アップではなく接写)の多用も気になったけど、ニコール・キッドマンのドレスの着こなしを見るだけでも眼福で、レニエ大公、お妃教育する伯爵など脇を固める人たちにも味がありました。
レニエ大公を演じたのはティム・ロスですが、クレジットを見るまでショーン・ペンだと思っていたのは内緒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇妙な偶然

先日、食事をしていたお店に、アラ70くらいの男女の二人連れが来たのだけど、運ばれてきたものを見るなり女性のほうが「私、それ嫌い」と言い出して、お店の子はおろおろ。
注文した男性も立場がないし、なんで注文する時に言わないかな。
その翌日、別のお店で店員にお勧めのメニューを聞いていた、やはりアラ70くらいの女性が料理の材料を聞くなりに「私、それ嫌い」。
別に嫌いなものが入っているのなら、黙って別のものを注文すればいいだけなのに、なぜ今言う。

連日で同じ年配の女性が同じ口調で「それ、嫌い」と言うのに行きあわせて、ちょっと不思議な気がしてしまった。
嫌いなものを口に出さないと気がすまない世代なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »