« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月29日 (月)

全日本フィギュア2014

始まる前は「男子は層が厚くなったけど、女子はどうなんだろう」と思っていたら、女子も面白いじゃないですか。
実にスポーツらしい清清しい試合。
GPFを経て一皮向けた感のある本郷里華も良かったし、宮原知子の「ミス・サイゴン」は好きなプログラム・好きな演技なので優勝してくれてうれしい。
樋口新葉も切れの良い演技でこれからが楽しみ。

マスゴミは若い選手たちについて、いちいち某選手を引き合いに出すのをやめてほしい。
彼女たちのほうがずっと素敵な演技をしているから。
かつ、受け答えもしっかりしているし、自己分析もできている。
このところスケート連盟の某選手プッシュが露骨だったから、そのせいで「勉学や一般的な行儀作法をおろそかにしてもスケートで結果が出ればOK」みたいな風潮がスケートママや選手に蔓延したらイヤだなと危惧していたけど、杞憂だったようで何よりです。

村上佳菜子は、いい加減、そろそろコーチを変えたほうがいいんじゃないか。
同門の宇野は結果を残しているわけで、コーチのせいだけではないだろうけど、少なくとも彼女は今のコーチの元で今必要な修正が出来ていないわけだから。

男子は町田樹が突然の引退表明。
今季はGPSのアメリカ大会のスケーティングが素晴らしく、今まで気持ちで引っ張っていたものをスケートで表現できている!!と驚いたけど、ピーキングの問題なのかその後の試合では気持ち先行に戻った感があり、世界選手権ではまたスケートアメリカのような演技が見られるんじゃないかと期待していたので、ここでの引退は残念。


町田のようにスパッとやめるのも、思い迷うのも、体力気力の限界まで続けるのも人それぞれだと思う。
でも、公の場で自ら引退を仄めかし、スポンサーが引退キャンペーンをはっているのを知りながら(知らなかったら、それはそれで「よほど」ですよ)、進退について引き伸ばすのは「本人の自由」とは言いがたく、はっきりいって見苦しい。

羽生は本当にスケートで音楽を奏でるかのような演技で、スケーティングもジャンプもやはり別格です。
SPの羽生と町田の得点について、「素人が納得のいくような採点基準にすべき」という意見を見かけて、目が点。
わかりやすく解説しろというのなら理解できるけど、素人基準で採点してどーするんです。

いくつかの採点については早くプロトコルを見たいのだけど、国際大会はジャッジスコアがさくさくネットに掲載されるのに、全日本は遅い。
スケート連盟は仕事をもっと迅速にして欲しいものです。
選手やコーチから搾取するのが仕事じゃないでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君のすべてが悲しい

発声には体幹がしっかりしていることも必要だけど、佐橋佳幸30周年ライブで根本要の姿勢の悪さが気になった。
年は上でも声が出ている小田和正は姿勢が良いから、やっぱりこういうところから違いが出ているのかと。
Char、CHABOもの立ち姿が若かったし。
要さんの声の不調は腰を痛めてバック転をできなくなった頃と時期を同じくしていて、かなり後まで煙草をやめなかったことも悔やまれるけど、そのあたりのケアをもっと早くにしていたらと思う。

そんなことを思っていたところ、先日、TOKYO MXで放送していた六文銭とのライブを見て「トワイライト・アヴェニュー」のテンポが遅いのに愕然とした。
春先だったかのNHK「熱血!おやじバトル」にゲスト出演した時も、出場者への模範演奏(という位置付けで見ていた)にしては微妙だぞと思ったけど、テンポが遅くなっているというのは、かなり由々しきこと。
今年は距離やら時期の問題でSSKに行っていないけど、こんなことになっているとは。
これまでスタレビへの不満というのは、ほとんどは根本要の声と歌い方に対する不満だったのだけれど。

今が不満なら過去の音を聴けば良く、できればライブの音源を聴きたいのだけど、スタレビの場合、ライブを売りにするバンドのわりにライブアルバムが少ない。
ライブDVDはマメに出しているけど、DVDなんてそんなに四六時中鑑賞できるものでもないし、リッピングは手間がかかる。
「ROCK SHOW」から「Keep on rollin'」までのライブベストCDを出してくれたら絶対聴きこむ。
その点、杉山清貴はライブDVDとCDを出してくれるので、ファンの音楽鑑賞事情をわかっているなーと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

ライブベストとReマスター

収録曲が「Sugi Rock Fes」、会場限定CDと被るためちょっと迷ったけど、新しいライブ音源をCDから取り込める便利さは捨てがたい。いちいちリッピングするのは面倒だから。
で、発売日の会社帰りにCDショップに寄ったら、置いてない。二軒目もない。
「発売日に置いてないなんて」とぷんすかしながら帰宅してAmazonにアクセスしたら「一時的に在庫切れです」の表示。
セブンネットショッピングで入手したけど、置いてなかったのが売り切れならちょっとうれしい。その状態が続くのは困るけど。

そういえば先月の終りに発売になった「MASTERキートン Reマスター」を発売後一週間くらい経って買いに行ったら最寄の書店に置いてなく、アマゾンでも在庫無し。
その後、家族が立ち寄った書店に置いてあるのを見つけて確保してくれたので無事入手でき、今では最寄の書店にも平積みしてありますが。
「MASTERキートン」というとオトナの事情()の絶版で長らく入手できなかった時期があったので、ちょっと焦りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスライブ

半月ほどが経過しましたが、杉山清貴のクリスマスライブに行ってきました。
バイオリンとチェロが加わった、この季節のスペシャル編成。
今回のカバー曲は、英語の後に少し日本語で歌うという趣向でした。
(英語が苦手な人からのリクエストでもあったのか)

これまでは向かって左のピアノ側の席が多かったけど、今回は右側だったのでベースに注目しながら。
ゆったりとした時間の中、「Open Armes」と「Riverside Hotel」がこの日の白眉。
「FEN」ではいつも聴いているけど、生「Open Armes」はロックユニット以来かな。うれしい選曲。
「Riverside Hotel」はちょっとリズムが変わっていてベースのアレンジが面白かった。
クリスマスライブは編成に合わせたアレンジの妙が楽しめるのも好き。

その素晴らしかった「Riverside Hotel」が近くの席の人の微妙にずれた手拍子で邪魔されたのが無念でなりません。
なんで変拍子で手拍子しようとするかな。
クリスマスライブはリズムで遊ぶアレンジが多いので、手拍子はステージ上でうながされた時以外は控えて欲しいと心から思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「好き」の理由の種明かし

佐橋佳幸の30周年コンサートと「HIT SONG MAKERS」の故青山純特集を相次いで視聴しました。
どちらも超売れっ子な人なので、登場するミュージシャンの顔ぶれが豪華なこと。

いつもは単純に好きか嫌いかで聴いている音楽だけど、創造に携わった人たちのこだわりとか、自分が音楽を「好き」とか「カッコいい」と感じる理由を知るのは楽しい。種明かし、とでもいうか。
「HIT SONG MAKERS」は、まさしくそういう番組でした。
こういう番組でいつも思うのは、こだわった本人はもちろんすごいんだけど、それを記憶している人たちがいることもすごいと思う。
山下達郎の「クリスマス・イブ」、大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」はドラムを意識して聴く曲ではないし、実際にそんなに意識せずに聴いていたけれど、坦々としたリズムでかつ飽きさせないというのすごい(なんだかすごいばっかり言ってるけど)。青山純の刻むリズムは体に染み付いています。

佐橋佳幸の30周年ライブで藤井フミヤの「TRUE LOVE」がこの人のギターだったことを知りました。
他にも「この人と交流があるんだー」というのがいろいろわかったのも楽しかった。
ゲストではCHABOとCharがカッコよかった。
スタレビも出演していて、「ラブ・ストーリーは突然に」のイントロのギターをリクエストするあたりは要さんならではの気遣いに感じられた。

スタレビの出演は、察するに「木蘭の涙」のアコースティック版のギターが佐橋佳幸だったということなのだろうか。
佐橋佳幸のギターは山下達郎のライブで涙ぐんでしまったことがあるけど、その音色をもってしても木蘭の涙のアコースティックバージョンは好きになれないな。
オリジナル(バンド・アレンジ版)のギターなら聴きたいが。
もっとも、バンド・アレンジ版なら要さんのギターで全然不満はないですけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

ハンドブレンダー 二代目

購入以来、スムージーにポタージュにと重宝してきたハンドブレンダーの刃がちょっとくたびれてきた。
スムージーはいいんだけど、ポタージュになめらかさがなくなって。
で、買い替えることにしたのだけど、メーカーと機種でちょっと思案。
同じものでもいいのだけど、便利なことはわかっているし、どうせなら刃の耐久性が高いものが良いと選んだのが初代と同じブラウンの上位機種、一万円強の価格で、泡だて器とチョッパーが付いているタイプ。
こだわったのは耐熱温度と刃の耐久性なので、別になくてもいいのにと思っていたチョッパーですが、パテ・ド・カンパーニュを作るのに結構使える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙前

選挙が近づいて、民主党の人たちの発言を見ていると、与党だった時代の、自分たちの何が否定されたのか全然理解していないんだなーと思う。理解したくないのかもしれないが。

民主党政権時に失業しました。円高のあおりで。
その後、職は見つかったものの微妙なミスマッチを感じつつ我慢の日々を送る。
ミスマッチだから辞めますなどと言える状況ではなかった。
今年に入って状況が好転してきたので、思いきって転職。
不満はあったといっても前の職場は安定していたし、パワハラ・セクハラなどもなく、慣れたところを離れる不安は常にあるものなので、かなり逡巡はあったけれど。
消費税アップが家計に響いたことが転職に踏み切った理由の一つだったりはするけれど、物価は上がったけど求人は増えているし時給も上昇傾向と、個人的には良いタイミングだった。
円高と円安のどちらが良いかは業種によって変わるだろうけど、なんだかんだと社会に安定感があるのが2年前と違う点。
民主党政権は、閣僚の発言が株価に左右するということすら弁えていなかったのですよね。
外交も酷かったけど。

失業中は失業保険をもらっていたのだけど、その間も住民税の請求は容赦なくやってくるし、国民健康保険も払わなくてはならず、お金はどんどん消えていく。貯金があったから良かったようなものの、ほとんど焼け石に水。
自己都合じゃない失業の場合、失業中は税金と医療費免除にでもしてくれれば助かる人は多いと思う。期間限定でもいいから。
当時は、ちょうど生活保護の不正受給が話題になっていた頃で、生活保護は税金を払う必要もないし、医療費も無料。
失業保険よりも生活保護のほうが楽ってどういうことよと思ったものだった。
失業している間にも税金を払うのは自民党政権下でも民主党政権下でも同じだけれど、民主党も変えるんならそういうところを変えてくれれば良いのにと。
結局、改善して欲しいところは手付かずというか、視野にも入れず、「やらなくても良いこと」「やってはいけないこと」を延々と実行し続けたのが民主党政権だった。
当時も今も「脳内困った人」の救済にだけ熱心なようです。

---
秘密保護法のことで文化人の人たちが相変わらず騒いでいる。
「秘密」という言葉に過剰反応しているようだが、彼らはいつになったら条文を読むのだろうか。
「秘密を漏らしたい公務員」と「外国のスパイ」以外は困らない法律だと思うのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

フィギュアスケートNHK杯

フィギュアスケートNHK杯の男子シングルは清清しい結果。
日本の男子はほんとに層が厚くなって喜ばしい限りです。
優勝した村上大介は素晴らしい演技で、スケーティングのきれいな選手のジャンプが決まると小気味良い。

4位の羽生はまさかの、そしてうれしいファイナル進出決定。
今よりも回復しているであろうファイナルで羽生結弦を見たい気持ちはありつつ、村上、ヴォロノフ、無良より上位に行くのは無理だなとあきらめていた。
良い演技をした選手たちが正当に評価され、かつ羽生をファイナルで見られるのなら言うことなし。
5位のアボットとは僅差だったけど、この結果は怪我ながらも攻めた羽生と、守りに入ってしまったアボットの差かなと。
アボットの演技がSPのようだったら結果は違っていたかもしれないけど。

終わり良ければすべて良しと喜んでいたら、NHK杯の採点批判の記事が目に入って、今言う、それを?。
ここ数年で最も不可解な採点は2012年のNHK杯で単独の二回転を三回跳んだ選手が優勝した女子シングル。
ちゃんと三回転を跳んだ他の選手たちのやりきれなさはいかばかりかと思ったものだけれど、そういう時には批判せず、プロトコルを見れば納得のいく今回の結果で騒ぐとは、マスゴミって本当に理解不能。
私がマスコミ不信になったのはサッカーの報道がきっかけだったけど、サッカー関連の報道には、さすがにルールを無視した批判はない。
でもフィギュアスケートはルール無視の報道がまかり通っていて、非常に腹立たしい。
サッカーならオフサイドを知らないで記事を書くレベル。
それからスケート関係者もあんまりいい加減なことを言い散らかさないで欲しい。○野とか佐○とか。
ルールをきちんと伝えるほうがよほどフィギュアスケート発展につながると思う。
易きに流れてウソを広めるのはもうウンザリ。
ライト層だって説明すればわかりますよ。
根気はいるだろうけども。
と、不満はありつつ、今季は技術的な解説が増えて喜んでいます。
ここ数年なかったことだけど、どういう風の吹き回しでしょう。
これでテレビ放送で技術点のカウンターが表示されたら、さらにありがたい。
表示される以外の要素は解説者が解説すればいいわけだし、そのためにいるんだし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »