« ハンドブレンダー 二代目 | トップページ | クリスマスライブ »

2014年12月27日 (土)

「好き」の理由の種明かし

佐橋佳幸の30周年コンサートと「HIT SONG MAKERS」の故青山純特集を相次いで視聴しました。
どちらも超売れっ子な人なので、登場するミュージシャンの顔ぶれが豪華なこと。

いつもは単純に好きか嫌いかで聴いている音楽だけど、創造に携わった人たちのこだわりとか、自分が音楽を「好き」とか「カッコいい」と感じる理由を知るのは楽しい。種明かし、とでもいうか。
「HIT SONG MAKERS」は、まさしくそういう番組でした。
こういう番組でいつも思うのは、こだわった本人はもちろんすごいんだけど、それを記憶している人たちがいることもすごいと思う。
山下達郎の「クリスマス・イブ」、大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」はドラムを意識して聴く曲ではないし、実際にそんなに意識せずに聴いていたけれど、坦々としたリズムでかつ飽きさせないというのすごい(なんだかすごいばっかり言ってるけど)。青山純の刻むリズムは体に染み付いています。

佐橋佳幸の30周年ライブで藤井フミヤの「TRUE LOVE」がこの人のギターだったことを知りました。
他にも「この人と交流があるんだー」というのがいろいろわかったのも楽しかった。
ゲストではCHABOとCharがカッコよかった。
スタレビも出演していて、「ラブ・ストーリーは突然に」のイントロのギターをリクエストするあたりは要さんならではの気遣いに感じられた。

スタレビの出演は、察するに「木蘭の涙」のアコースティック版のギターが佐橋佳幸だったということなのだろうか。
佐橋佳幸のギターは山下達郎のライブで涙ぐんでしまったことがあるけど、その音色をもってしても木蘭の涙のアコースティックバージョンは好きになれないな。
オリジナル(バンド・アレンジ版)のギターなら聴きたいが。
もっとも、バンド・アレンジ版なら要さんのギターで全然不満はないですけども。

|

« ハンドブレンダー 二代目 | トップページ | クリスマスライブ »

音楽(Popular)」カテゴリの記事

音楽(SDR)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/60875119

この記事へのトラックバック一覧です: 「好き」の理由の種明かし:

« ハンドブレンダー 二代目 | トップページ | クリスマスライブ »