« イミテーションゲーム | トップページ | ミステリーの季節 »

2015年3月31日 (火)

フィギュアスケート世界選手権2015

女子シングルは、優勝したタクタミシェワがトリプルアクセルに挑戦して成功。
他のジャンプも成功した上でのトリプルアクセルだから意味があるし清清しい。
過去に伊藤みどりが成し遂げていたことではあるけれど、一時期おかしなことになっていたのでね。
日本の女子は宮原が銀。
本郷、村上もまずまずの成績だし、樋口新葉もいるし、日本の女子は楽しみじゃないですか。

羽生の「持ってる感」からつい連覇を期待してしまったけど、腹部の手術から3ヵ月足らずで銀という結果は素晴らしい。
フェルナンデスもいつかは優勝すると思われていた実力者だし。
というか、昨シーズンの初めはパトリック・チャンとフェルナンデスが抜けていて、羽生がどこまで迫れるかと思っていたのですね。その後の五輪金と世界選手権優勝で忘れていたけど。
羽生もフェルナンデスも音楽との親和性がずば抜けているけど、たとえるならば羽生は楽器を奏でるようなスケートでフェルナンデスは歌うようなスケート。

エキシビションで、羽生とフェルナンデスが後輩のグエンに四回転の無茶振りをしていたのがやんちゃで可愛かった。

アメリカのジェイソン・ブラウンの4位という結果を見て、あえて四回転をはずして完成度を狙うのも戦略としてはありかなーと思った。
あくまでも選手側の選択肢の話で、四回転に挑戦するメリットを減らせとは全然思わない。
大技にこだわりたければこだわればいいし、スケーティングが得意に選手はそれを最大限に活かせばいい。
ただ、大技挑戦がギャンブルになるのはよくないかなと。
パトリック・チャンは確実に決まるようになるまでは試合では跳ばなかったし、羽生にしても、四回転以外に得点源となる武器があるから跳んでいるわけだし。
できれば、ジャンプの点数はそのままにスケーティングスキルがもっと得点に反映される採点システムになればいいな。
演技構成点の一部ではなく、スケーティングスキルを単独の項目にしたらよいのに。
だからといってコンパルソリーの復活までは望まないんだけど。


データ放送で技術点の詳細を見られるし、技術的な解説がますます充実してきて喜ばしい限り。
それなのに、相変わらずすっぽ抜けのほうが転倒よりも減点が大きい(というか得点にならない)、総合順位はフリーとSPの合計という基本的なことを知らずにあーだこーだ言う人が後をたたないのはなんとかならないものか。

それと、↓の記事。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150329-00000080-spnannex-spo
プロの指摘は参考になるし、ジャンプ以外も本調子ではないと感じる部分もあったから、全体的には納得のいく内容なんだけど、「手抜き」という表現はいただけない。
「本来の動きでなかった」ことと「手抜き」は全然違う。
NHK杯の時といい、批判記事が出るのはある意味健全なことなんだけど、タイミングや対象の偏りにモヤモヤする。

|

« イミテーションゲーム | トップページ | ミステリーの季節 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/61368235

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート世界選手権2015:

« イミテーションゲーム | トップページ | ミステリーの季節 »