« 意外とアクション好き | トップページ | 誤解を招く表現 »

2015年3月 1日 (日)

自称するのは自由だけど

先日、テレビ出演した浅田舞の肩書きが「プロスケーター」になっていた。
名乗るのは自由だけど微妙。
全日本選手権だったかで織田信成・鈴木明子と並んでゲスト席に座っていたのも微妙なら、スポーツバラエティで村主章枝と並んでいたのも微妙。
最近では安藤美姫とタレントとして競合しているみたいな記事が出たけど、これも微妙。
そもそも前述の3人との比較でも浅田姉ははるかに格下なのに(現役時代の成績においてもプロスケーターとしても)、世界選手権優勝2回でアイスショーで飛び回っている安藤美姫と同列に並べるのはもはやフィギュアスケートに対する冒涜です。
浅田姉本人が肩書きでプロスケーターを名乗っている以上、そこのところは線引きしてもらわないと。

去年だったか、NHK教育の本田武史のスケート講座に浅田舞がアシスタントとして出ていたのを見たけど、ジャンプ一つ跳ぶわけでなく、課題のダブルアクセルも本田武史が跳んでいて、なんのためにそこにいるのかわからなかった。
この手の番組のアシスタントって生徒に模範演技を見せることも役割の一つじゃないのかと。

いわゆる男性向けメディアに安藤美姫バッシングの記事が出るタイミングとか内容が微妙なのが不思議なのだけど、どういう狙いがあるんだろうか。

|

« 意外とアクション好き | トップページ | 誤解を招く表現 »

かたはらいたきもの」カテゴリの記事

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/61213853

この記事へのトラックバック一覧です: 自称するのは自由だけど:

« 意外とアクション好き | トップページ | 誤解を招く表現 »