« ボルドー展~美と陶酔の都へ | トップページ | 花燃ゆ »

2015年7月14日 (火)

維持とか進化とか

もう20日以上経ってしまいましたが、杉山清貴のアコースティックソロライブに行ってきました。
「大変なメニュー」というのは、原曲が凝ったアレンジの曲が多いからかな。

ところでオメガトライブの曲はリアルタイムで知っているのはシングル曲のみなので、アルバム曲はライブで聴くか、セルフカバーから入っている。
「Transit in summer」は「Hula moon session」、「First Finale」は「Hula moon sessins in Tokyo Night」を聴いて好きになったけど、6月のライブ以降、オリジナルもいいなと思うようになっている。
表現力は今のほうが格段にあるし、声も今のほうが好きだけど、オメガトライブの80'sの洒落たアレンジと当時のちょっと儚さのある声の組み合わせというのもこれはこれで捨てがたいなと。
心境の変化。

杉山清貴目当てで見た水曜歌謡祭は、相変わらずぐだぐだで、クリスティアーノ・ロナウドのいたたまれなさがびしばし伝わってきたけど、DAIGOとのコラボはちょっと面白かった。
「ふたりの夏物語」って、曲調としては、チャラいくらいの歌い方が合うけど、リズム感とか音程とか音楽的な要素もしっかりしていないと歌にならない。
DAIGOの声とか歌い方は合っていたけど、歌いこなしには苦労していたみたいで、難しい曲なんだなと改めて思った次第です。

出演者の中にはアレレな人もいたけれど、維持していたのが荻野目洋子、田村直美、それから浅岡雄也。
いわゆるビーイング系の人たちには積極的な興味はなかったけど、実力はあったんだなと再認識。
杉山清貴は維持どころか進化しているのがすごいんですが。

|

« ボルドー展~美と陶酔の都へ | トップページ | 花燃ゆ »

音楽(杉山清貴)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 維持とか進化とか:

« ボルドー展~美と陶酔の都へ | トップページ | 花燃ゆ »