« アルザス地方の旅~ワイン街道と中世の城 | トップページ | アルザス地方の旅~カイザースベルク »

2015年7月11日 (土)

アルザス地方の旅~路線バスで国境越え

旅行の時期はおりしもテニスの全仏オープンの真っ最中。
錦織対ツォンガ戦の日はリアルタイムでテレビ観戦したいので、遠出を避けて隣町のケールへ行ってみることにした。

ケールまでの所要時間は路線バスで20分ほど。
近いし、ストラスブール市内の均一料金で行けるけど、そこはドイツ。

駅前から出ている2番のバスに乗ってPont du Rhin手前の終点まで行く。
徒歩で橋を渡ってドイツに入国です。
Rhine

Kehl_1

帰路はケール駅前から21番のバスに乗って、途中でトラムに乗り換えてストラスブール市街に戻る。
Kehl_bahnhof


ところで、万難を排してホテルでテレビ観戦した錦織対ツォンガ戦は、会場もアウェーだけど、テレビもアウェー。
独占中継しているFrance 2のコメンテイターが錦織を名前で呼ばずにジャポネと言うのでイライラ。
ただ、ツォンガのこともフランセと言っていて、翌日のナダルとジョコビッチも出身国で呼んでいたので、選手の名前を呼ばずに国籍呼びするのが癖になっている人らしいけど、オリンピックならともかく、個人で出ている大会でそれはどうなのよ。
中継がなかったけど、そのコメンテイターが共にスイスのワウリンカとフェデラーをどう呼ぶのか見てみたかった。


|

« アルザス地方の旅~ワイン街道と中世の城 | トップページ | アルザス地方の旅~カイザースベルク »

旅行(フランス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルザス地方の旅~路線バスで国境越え:

« アルザス地方の旅~ワイン街道と中世の城 | トップページ | アルザス地方の旅~カイザースベルク »