« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月11日 (水)

GPS中国杯

GPS中国杯、女子シングルは本郷里華の「リバーダンス」が素晴らしかった。
前から好きなプログラムだけど、今回は躍動感に溢れていて特にステップは圧巻。
中国杯は見ないつもりだったけど、このフリーは見ないと後悔していただろう演技。
で、男子シングルで二位に入った金博洋が四回転ルッツのコンビネーションを成功させたと聞いて急遽BSを録画予約。フェルナンデスも見たいし。
4回転ルッツのコンビネーション成功ってすごいことなんだから、スポーツを放送するなら特定選手の過去の映像とか要らないから、こういうのをもっと報道してよ。

で、4回転ルッツ成功で技術点99.60は本当にすごいと思う一方で、優勝したフェルナンデスとの表現力とスケーティングの差を見ると、フィギュアスケートはジャンプだけじゃないと改めて思うし、PCSは意味がある。
それなのに、なんで女子は変なことになっているんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

違うルール

グランプリシリーズ中国大会で一人だけ違うルールを適用されていた(としか思えない)浅 田 真 央。
試合後も持ち上げ報道がすごいこと。
「復帰戦で優勝」とか、結果だけみればそのとおりだけど、実際はSP・FSを通じてまともに跳べたジャンプが一種類だけで優勝って、どうなのよ。
嘘でかためて持ち上げられて本人はうれしいんだろうかと思うけど、これまでの言動から考えるにうれしいらしいんだな、どうやら。

誰かほんとにPCSの高さの謎をコストナーとかチャンとの動画比較付きで解説して欲しい。

そして、ショートプログラム後のこの発言:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151106-00000533-sanspo-spo

>--3回転ルッツはエッジエラーがついた
> 「試合でできたことが良かった。失敗と思っていない。マイナスと捉えていない」

今に始まったことじゃないけど、アスリートの発言とは思えない。
フリーで転倒した後は少しトーンダウンしたのを見ると、ほんっとに転ばなければ成功だと思っているんだな。
エッジエラーも回転不足も両足着氷もこの選手にとっては失敗じゃない、と。
この理屈が通るのなら、テニスのフォルトも競馬の斜行もサッカーのハンドも、見逃されさえすれば、勝ちさえすれば失敗じゃないことになる。

「ジャッジに従う」のはスポーツのルールの基本だけど、それでも、テニスはチャレンジシステムがあるし、チャレンジシステムを導入していなくても審判に確認することは可能であり、競馬はパトロールビデオが繰り返し流される(お金がかかっているから当然)。
サッカーも、判定が覆ることはないけど、被害を受けたチームが異議申し立てすることはできる。
フィギュアスケートには抗議のシステムがなく、選手もコーチもなんとかルールに適応すべく努力している中で、一人だけルールを無視した上にメディアまでもがルールについて「報道しない自由」を駆使して過剰に擁護。なんなんだ、これは。
「正直者がバカを見る」状態なのが腹立たしい。誰かさんがいると。

それから、「マダム・バタフライ」の衣装がいつもながら酷い。
着物風衣装が元々好きじゃないことを差し引いても趣味が悪い衣装。
芸妓はあんな襟を抜いた下品な着付けはしない。
ましてや蝶々さんは元は士族の娘なんだからなおさら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 9日 (月)

ワイン展~ぶどうから生まれた奇跡

上野の国立科学博物館の「ワイン展~ぶどうから生まれた奇跡」に行ってきました。

ぶどうの栽培、ワインの製造過程、歴史などを多角的に見ることができるたいへん充実した展示内容。
ぶどうの選別ゲーム、攪拌とぶどう踏みの疑似体験なども楽しかった。
ワイナリーは何度か見学に行っているけど、こういう体験的なことはできないので。

図録は写真も美しいし、ワインのガイドブックに最適。

一つ残念だったのがワイン展のために作られたという記念ワインの試飲がなかったこと。
熱心に呼び込みしていたけど、味のわからないものはなかなか買う気にならないし、試飲をしたほうが絶対売れると思う。
日本のワインを広めるためにも。

スタートから間もないし、行ったのが祝日なので混雑が心配で、混んでいたら東京都美術館のモネ展へ行こうと思ったけど、並ぶことなくすんなり入場できました。
その後、モネ展に行ったら、こちらののほうが混んでいて断念。
代わりに行った西洋美術館の常設展が文化の日ということで入場無料。ラッキー。
新館が工事中ということで、変則的な展示になっていたけど、モネが一室に集められていて、はからずも「モネを見た満足」も得られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また鍋道楽

煮込み料理が美味しく感じる今日この頃。
鍋への執着が復活し、イッタラ・サルパネヴァのキャセロールとルクルーゼの片手鍋を購入。
どちらも、ここ何年か恋々としてきた鍋です。

イッタラのキャセロールをこれまで購入に踏み切れなかったのは、やはり値段が高いこと、それから重いこと。
でも、これほど欲しいと思うデザインの鍋って他にないし、重いからこそ扱う体力のある今のうちに買おうと大決心。
早速豆を煮たりポトフを作ったりしています。
Iittala_sarpaneva_2

素朴で、それでいて洗練された形と木の取っ手が素敵。


ルクルーゼはココットロンドを既に2つ持っているから、これ以上増やすことに躊躇があったけど、片手鍋もどうしても欲しくなって。
18cmと迷った末に16cmを購入しましたが、他のルクルーゼよりも気張らすに使えて、少量の料理に重宝しています。
Lecreuset_jaune

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイドもマクロも

Lumix TZ-70を購入して半年ほどが経ちました。
それまで使っていたTZ-20は快適に動作していたし、猫を撮るには十分と光学16倍ズームにも満足していたのですが、広角&マクロ撮影の魅力に負けて。
必要ないと思っていた光学30倍ズームは旅先でコウノトリを撮るのに役に立ち、それ以外もいろいろと性能アップ。
これまでうまく撮れなかった赤いバラのビロードみたいな質感なども出るように。
Redrose

マクロ撮影機能を使って、意味もなく雑草や小さな花を接写していますが、これもまた楽し。
Kinmokusei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名無しのトリオ

是方・杉山・後藤トリオのライブに行ってきました。

60年代70年代のカバー曲を、いつもながらの安定かつ卓越した歌と演奏で堪能。
一曲だけオリジナルだったのが「Journey To The Mind」ですが、これがギター日本とサックス&パーカッションの編成にハマっていた。
ロックユニット版よりもトリオ版のアレンジが好きかも。
「Shadow of Your Smile」がボサノバっぽいアレンジで、これもお洒落で良かった。
音楽の楽しみはまだまだ尽きないなー。

美味しいお酒とお料理と音楽の至福のひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »