« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月13日 (月)

リオの男とU.N.C.L.E

旅行に行ってきましたが、機内で見た映画が往きが「リオの男」で帰りが「コードネームU.N.C.L.E」。
60年代の映画と、60年代の人気テレビドラマのリメイク映画と偶然にも60年代づいてしまった。

「リオの男」は昔テレビ放映されたのを一度見たきりながら面白かったという記憶が強く残っていた映画だけど、記憶にたがわず面白かった。
ハラハラする展開だけど、コミカルで肩に力が入りすぎずに楽しめるのが良い感じ。
ジャン・ポール・ベルモンドはこの頃が一番好きかも。容姿と言い軽快な動きといい、リアル・ルパン三世。
ルパン三世やインディ・ジョーンズに影響を与えたというのも頷ける。
ヒロインのフランソワーズ・ドルレアックは美しくてチャーミングで、こんな女の子だったら振り回されても何が何でも助けに行くよねーという説得力大。
フランス語の勉強も兼ねてDVDを買ってしまった。

0011ナポレオン・ソロをリメイクした「コードネームU.N.C.L.E」も楽しい映画でした。
映画館で観る映画のリストに入っていたのだけど、近くで上映していなくてあきらめた作品だったので、ここで見られてうれしい。
イリヤはデビッド・マッカラムのイメージが強いので、映画版のイリヤは若干(というか、かなり)ごつい気はしたけど、それはそれでロシア人らしいといえなくもない。
「肩のこらない娯楽アクション映画」ってヒロインが可愛いこともかなり重要だと思うんだけど、こちらのヒロインも可愛くて、60年代ファッションの着こなしが素敵。
アリシア・ヴィキャンデルって既にアカデミー賞を獲っていたのですね。
WOWOW放映待ちだけど、もしかしたらDVDを買うかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタルリマスター

杉山清貴の旧譜がデジタルリマスターで発売されて、「Harvest Story」、「here and there」、「RHYTHM FROM THE OCEAN」を購入。
リマスターされた音もさることながら、ライナーノーツで参加ミュージシャン情報がわかるのがうれしい。

「here and there」は参加ミュージシャンの豪華さに魅かれ、「RHYTHM FROM THE OCEAN」は「杉山清貴らしい」と感じる曲が多いので、ダウンロード版はあったけど、是非CDでも持っていたいと思って。
「RHYTHM FROM THE OCEAN」(曲)のアレンジと「Summer Again」(好きだ!)のコーラスアレンジが杉山清貴だったことに妙に納得してしまった。
「Harvest Story」はこれまで入手できていなかったのが購入理由だったけど、参加ミュージシャンを知って買って良かったーと心から思った。
「月へ帰ろう」オリジナルはギターが是方博邦で、コーラスに村田和人が参加していたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »