« 全日本フィギュアとか | トップページ | 社会の窓 »

2016年12月30日 (金)

逃げるは恥だが

法的にクロじゃないとか、不倫とかでいちいち会見を開く義務はないけれど、釈明なり謝罪なりしておいたほうが往々にして得策という現実もある。
なので、成宮君が会見せずに電撃引退したことについては、正直なところ賢明ではないと思っていた。
が、事態の推移をみると、しばらく身を隠すのは正解だったという気もしている。
一般人になってもこの騒ぎでは、とてもドラマの撮影なんて無理でしょ。

ここぞとばかりに後追いで過激な記事を出しているメディアもあるけど、ここでまた素朴な疑問です。
過去に薬物で逮捕された人たちは、長期間メディアには顔出ししていなかったり、奇矯な行動が取りざたされていたけど、成宮君についてはフライデーの記事が出るまではそういう話は出ていなかった。
裏は知らないけど、みんな表と裏くらいあるし。。

海外の俳優や歌手の薬物中毒が問題になったのは、健康を害して仕事に支障をきたしていたからで、容姿が大きく変化した人もいる。
でも、(このところ興味が他に向いていたので動向を熱心に追っていたわけではないけど)成宮君はわりとコンスタントにドラマに出ていた。
今回の電撃引退までドラマや舞台の降板もなかったと記憶している。
禁止薬物に限らず、処方薬や市販薬でも副作用はあるし、外見にも影響が出ることがある、というか多い。
名優といわれる人でもそれで降板したりしている。
でも、テレビや映画の画面で見る限り違和感はなかったのですよね。
デビュー以来、舞台もこなしていたし、台本を覚えたり役作りが出来るコンディションを維持していたわけです。
記事に書かれているような状態でそんなことが出来るのか?
好奇心でちょっと手を出してしまったとかならともかく、どこかの報道のように10代から常用していたら、演技や外見に影響が出ていそうなものだと思うので、報道が全部嘘とは言わないまでも、かなり相当に針小棒大ではあると思う。

人を見る目がなかったのは痛恨の極みだけど、改めて思うのは、俳優という仕事には真面目に取り組んでいたんだよね、っていうこと。
カメレオン俳優をやるには印象の強すぎて不利な顔立ちだけど、演じた役はそれぞれ違う人格を持っていた。
「深呼吸の必要」のご飯を美味しそうに食べるシーンとか、さりげないリアリティを出すのも上手かった。
落ち着いたら、舞台か映画にでも戻ってきて欲しいです。
ただ見できるドラマこそがハードル高いというのもなんだかなーって感じだけど。

|

« 全日本フィギュアとか | トップページ | 社会の窓 »

メディア批判」カテゴリの記事

俳優(成宮寛貴)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/64694451

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げるは恥だが:

« 全日本フィギュアとか | トップページ | 社会の窓 »