« Eテレのスケート教室 | トップページ | JASRAC »

2017年2月 6日 (月)

ミス・ペレグリンと奇妙な子ども達

映画館に行かない時は数か月行かなかったりするけど、見たい映画が重なることも。
監督ティム・バートンだし、エヴァ・グリーンが出ているしということで行ってきた。
時代が近いスリーピー・ホロウといった趣き。
しばらくトトマメを食べるのを躊躇そうな場面もあったけど、それ以外は良かった。
映像は美しく、奇妙な子ども達がみんな雰囲気があって、ティム・バートンの女優選びはいつもながら素晴らしい。
体内に蜂を飼っている子がMr.ホームズに出演していたマイロ・パーカー君。
Mr.ホームズではスズメバチに刺されて死にかけていたが、今回はこういう役なのね。

|

« Eテレのスケート教室 | トップページ | JASRAC »

映画(洋画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/64869190

この記事へのトラックバック一覧です: ミス・ペレグリンと奇妙な子ども達:

« Eテレのスケート教室 | トップページ | JASRAC »