« East of Eden | トップページ | 嘘と法螺 »

2017年3月21日 (火)

風の記憶、春の楽しみ

今月初め、ロックユニットに行ってきました。
もう、おじさんたちが飛ばす飛ばす。
トリオのライブでベサメ・ムーチョを演奏したのは風の噂で聞いていたけど、ビートルズつながりの選曲だったとは。
「Girl Goodbye」がまたボーカルがパワーアップしていて、なんなのこの57歳。
この声の調子ならスカボロフェアも聴きたかったな。

爆音バックに思い切り声を出している杉山清貴が一番好きだけど、柔らかく歌うのも捨てがたく、南佳孝とのジョイントライブとアルバムも楽しみ。
去年ライブやって、今年アルバムってフットワークが軽いですね。

で、このところちょっと春めいてきたので、「風の記憶」を聴いています。
コーラス部分で杉山清貴が菊池桃子の声に寄り添うように歌っているのが好き。
これに限らず、杉山清貴のコーラスは、和音の取り方も好きだし、相手によって声量とか発声を変えるところも好き。
聴いていても心地いいけど、一緒にハモっている人はもっと気持ちよいことでしょう。

そういえば2012年の大阪野音で根本要とハモりライブやりたいねとか言っていたけど、こちらは実現しないで終わるのだろうか。
是非聴きたいんだけど。
ユニットの趣旨とは違うし、実現しないことはわかっているけど、ロックユニットのアレンジとメンバーで「木蘭の涙」を聴いてみたい。
もちろんバンドバージョンの!

|

« East of Eden | トップページ | 嘘と法螺 »

音楽(杉山清貴)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/65049173

この記事へのトラックバック一覧です: 風の記憶、春の楽しみ:

« East of Eden | トップページ | 嘘と法螺 »