« 酷暑の海の日 | トップページ | 時事ネタ »

2017年7月22日 (土)

35周年

BSプレミアムでスタレビ35周年ライブを録画・視聴。
スタレビの魅力は演奏力と根本要のボーカルだと思っているので、「他の人のヒット曲を演奏する」というのは好企画。

スタレビメインのコーナーで全員が一曲歌っていて驚いた。
単独ライブを開催できるレベルの歌唱力ならともかく、メインボーカル以外のソロボーカルってこれに限らず誰得って思う。
演奏とコーラスを聴かせてくれるだけでいいのに。
そういえば掲示板にスタレビのスレッドが立つと「スタレビは全員ソロで歌える歌唱力がある」と書き込む人があらわれるのが不思議です。
けなすよりは褒めるほうがいいけど、あまりハードルを下げると、本当に歌が上手い人のことはどう褒めるのかって思う。十把ひとからげでは失礼だし。
「スタレビはコーラスが上手い」なら同意します。

「木蘭の涙をアコースティック版を勧めたのは小田和正」ということが根本要によって語られ、以前ネットで見かけて真偽を確かめたいと思っていた情報が本当であることを確認。
余計なことをって感じ。
それによってスタレビは「名刺になる曲」は手に入れたけど、バンドのアイデンティティが曖昧になってしまった。
スタレビが小田和正と初共演した時、周囲は喜ぶファンが多かったけど、傾倒の度合いが強かったことが個人的にはひっかかったものだった。
腰が低いのはいつものことだけど、かすかに卑屈さを感じてしまったというか。
音楽的にはまったく別のジャンルという感覚だったし、その共演までスタレビがリスペクトする対象としてオフコースや小田和正の名前が挙がったことはなく、背中を追うのなら別の人だと思っていた。
音楽のルーツやリスペクト対象が共通な誰か。
共演者・ゲストの曲をスタレビが演奏するというのはオダレビに端を発しているので(と記憶している)、その点では意味がなかったわけではないけれど。

|

« 酷暑の海の日 | トップページ | 時事ネタ »

音楽(SDR)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49211/65568100

この記事へのトラックバック一覧です: 35周年:

« 酷暑の海の日 | トップページ | 時事ネタ »